Engadgetえ

ASUSは8月18日、ゲーミングノートPC「ROG Zephyrus G14 AW SE」を発表しました。23時30分から販売開始予定で、価格は24万9800円です。ASUS StoreやAmazonなどで販売されます。

ROG Zephyrus G14は天板をドット絵でカスタマイズできる「AniMe Matrix ディスプレイ」が特徴のノートPCです。

ドット絵好きがゲーミングノート「ROG Zephyrus G14」の光る天板で遊び倒す

Engadgetえ

今回発表されたモデルは世界的なDJであるアラン・ウォーカー氏とのコラボモデルとなります。アラン・ウォーカー氏は、エレクトロニック・ミュージックの分野で活躍するアーティストで、セルフプロデュースでリリースした「Faded」はYouTubeにおいて、実に30億回を超える再生回数を記録しています。

▲こちらが「Faded」のMV。アラン氏のことは知らなくても、YouTubeの解説動画などのBGMでよく使われるのでこの曲自体聞いたことがある人も多いのでは無いでしょうか?

発売のきっかけは2020年6月、ROGとアラン・ウォーカーのコラボレーションによって一台だけ特別仕様のROG Zephyrus G14が製作されました。その商品化を熱望していた多くのファンの声を受ける形で、リモデルされたROG Zephyrus G14 AW SE GA401QECが、今回いよいよ一般向けに発売となった次第です。

Engadgetえ

ROG Zephyrus G14 AW SEのアラン・ウォーカー氏とのコラボ要素をいくつかご紹介します。ボディの随所にスペクターブルー※のアクセントカラーを取り入れており、同色であしらわれたネームプレートには、ROGロゴとアラン・ウォーカーのサインをダブルネームで刻印されています。

天板のLEDを自在にカスタマイズできるAniMe MatrixTMには、同モデルだけのオリジナルパターンを追加し、更に装飾された2本のファブリックベルトが、アラン・ウォーカーとROGのサイバーパンクな世界観を演出しています。

※2015年にリリースした「The Spectre」に由来したオリジナルカラー名

Engadgetえ

もう一点注目なのはDJ Remixができるスペシャルボックスです。単なるパッケージではなく、USB Type-CケーブルでROG Zephyrus G14 AW SEに接続すると自動でROG Remixアプリが立ち上がり、DJ Remixをプレイすることが出来る仕掛けになっています。

内蔵された3セット6種類ずつ、合計18種類のサウンドとビジュアルエフェクトスタイルを使い分けながら音楽に合わせて自在にプレイが可能です。また、動くLEDで天板を演出するAniMe MatrixTMとアラン・ウォーカーにインスパイアされたメイン画面のユニークなアニメーションが、音楽やエフェクトに合わせて変化します。

Engadgetえ
オリジナルのべースボールキャップとソックスもセットになっています

PCとしての性能はCPUに8コア、16スレッドの「AMD Ryzen 9 5900HS 」、グラフィックに 「GeForce RTX 3050 Ti Laptop」を採用しています。

ボディは最薄部19.9mm、軽さ約1.75kgで、ディスプレイは120Hzで色彩はDCI-P3 100%。バッテリーは最長約12.8時間駆動としています。

ROG Zephyrus G14 GA401QEC

OS Windows 10 Home 64ビット

CPU AMD Ryzen 9 5900HS プロセッサー

メモリ 16GB

ディスプレイ 14型ワイドTFTカラー液晶

グラフィックス機能 NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti Laptop

SSD 1TB

無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax

Bluetooth Bluetooth 5.1

キーボード 83キー英語キーボード (イルミネートキーボード)

バッテリー駆動時間 約12.8時間

サイズ 幅324×奥行き222×高さ19.9~20.9mm

質量 約1.75kg