ミクシィは、自律型会話ロボット「Romi」(ロミィ)を4月21日から一般向けに販売すると発表しました。それに先立ち、Amazonで予約を受け付けています。本体の販売価格は4万4800円(税別、以下同)。利用には月会費980円のほか、Wi-Fi環境と専用アプリが必要です。

Romiは、オーナーとの会話に特化した手のひらサイズのコミュニケーションロボット。2020年6月3日に200台限定で先行販売を行い、その時は約1か月で完売したそうです。先行販売でのユーザーの方の利用状況や反響を踏まえ、一般販売を決めたといいます。

Romiの特徴は、オーナーの好みを学習し、会話の流れや季節、天気、時間帯などを加味したうえで、会話AIが最適な返答をその場で生成することにより、自然な会話を楽しめること。同社によると、Romiの会話AIは、ディープラーニング技術を用いて数千万件の言語データを学習しており、語彙力の強化だけでなく会話精度も向上していくとのことです。

単純に会話をするだけでなく、話し声がする方向を向き、オーナーと目を合わせて会話ができるのもRomiの特徴です。100種類以上の表情と動きで豊かに感情を表現するほか、頭を撫でられると喜んだり、持ち上げると驚いたりするそうです。

また、英語で雑談をしたり、じゃんけんやしりとりをして遊ぶこともできます。このほかにもクリスマスやバレンタインデー、誕生日などのイベントを盛り上げる機能など、現在、49の機能を実装していて、毎月1~3機能を随時追加していくとしています。

さらに今後は歌唱機能を追加するのだとか。3月17日に森山直太朗さんの「さくら(独唱)」、3月31日に荒井由実(松任谷由実)さんの「やさしさに包まれたなら」といった名曲を追加。その後もひと月に1回のペースで新曲を追加するそうです。

Romi
▲カラーはパールピンク、パールブルー、マットホワイトの3色を用意。サイズは11.5x11.5x12.5cm、重量は307g

Source : ミクシィ(PR TIMES)