Rosetta

開発者向けのmacOS Big Sur 11.3ベータ3にて、Rosetta 2が全世界のうち1つ以上の地域で削除される可能性を窺わせる手がかりが発見されました。

米MacRumorsのライターであるスティーブ・モーザー氏は、最新ベータ版から「この更新プログラムをインストールするとRosettaは削除されます」という文字列を見つけたと報告しています。また「Rosetta 2はもはやこの地域では利用できません。Rosettaを必要とするアプリケーションは実行できなくなります」との文字列が含まれるスクリーンショットも公開しています。

アップル独自開発のM1チップは以前のモデルに搭載されたインテル製プロセッサとはアーキテクチャが異なるため、後者向けアプリを動かすためには“翻訳”が必要となります。その役割を担うのがmacOSに組み込まれたRosetta 2であり、おかげで既存のmacOSアプリはかなりの割合で使うことができました。逆にRosetta 2がなくなれば、M1 Macは開発者側で新規にコンパイルした専用アプリしか利用不可となるわけです。

macOS 11.3が一部の地域でRosseta 2を削除する理由は不明ですが、MacRumorsは法律的あるいは著作権的な理由だと推測しています。またMacRumorsはアップルに問い合わせたものの例によって即座の返答はなかったと述べており、返事が来れば追記を提供すると予告しています。

M1 Macは高いコストパフォーマンスが人気を呼んでいますが、それは「インテルMac向けアプリ資産の大半を継承しつつ、旧モデルよりも動作速度が優れていること」ありきだと思われます。もしもRosetta 2が削除される地域があるとしても、その対象に日本などが含まれないことを祈りたいところです。

Source:MacRumors