iPhone Tips

今秋リリース予定のiOS 15では、Safariのデザインが一新されます。なかでもスタートページが編集可能となり、自分の使いやすいようにカスタマイズできるのはポイントと言えるでしょう。今回は、その手順をご紹介します。

なお、本記事ではパブリックベータ版のiOS 15を利用しているため、正式版として公開されるものと画面や手順が異なる場合があります。

必要な項目を、使いやすい順番に

そもそもスタートページとは、Safariを起動したときに最初に表示される画面のこと。iOS 15では、ブックマークやリーディングリストといった項目を並べ替えたり、非表示にしたりできます。

まずスタートページにある「編集」をタップし、編集画面に進みます。スタートページに表示させたくない項目、はスイッチをオフにします。また、表示する項目を並べ替えるには、右端のアイコンをドラッグ。元の画面に戻ると、編集内容が反映されています。

iPhone Tips
▲Safariを起動し「編集」をタップ(左)。「プライバシーレポート」をタップしてオフにし、「リーディングリスト」を先頭に配置(中)。スタートページに戻ると編集内容が反映された(右)

背景を設定可能

さらに、スタートページの背景を変更できます。「背景イメージ」をオンにし、9種類のデザインから好きなものを選択しましょう。背景には自分で撮った写真を設定可能です。「+」をタップしたあと、写真を選択しましょう。

iPhone Tips
▲9種類の「背景イメージ」から好きなものをタップして選択(左)。選んだデザインが背景に適用された(右)

iPhone Tips
▲自分で撮った写真を設定するには「+」をタップ(左)。iPhone内に保存された写真が一覧表示されるので好きなものを選択すると、背景に適用される(右)

Gallery: Safariの「スタートページ」を自分好みにカスタマイズ:iPhone Tips【iOS 15パブリックベータ】 | of 4 Photos

  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>

※パブリックベータ版iOS 15の画面は、取材に基づく特別な許可を得たうえで掲載しています。