父娘の絆に胸がキュッとなるNintendo Switch版「サリーの法則」|GWおすすめゲーム

娘を守る父の“頑張り”

浦和武蔵
浦和武蔵, @urawakun
2020年05月6日, 午前 09:31 in nintendo switch
0シェア
Sally's Law

春の大型連休にこそプレイして欲しい家族の絆を感じられる、ハートにグッとくる一作、インディーゲーム「サリーの法則」をご紹介します。

Sally's Law

本作は2016年にiOS版とAndroid版、そしてPC(Steam)版がリリースされ、2018年4月にはNintendo Switch(以下NS)版がリリースされたアクションパズルゲームです。この記事では、NS版について解説しています。

どんなゲームなの?

Sally's Law

▲サリーのお母さんは彼女が3歳の頃に亡くなって、それからお父さんとの“すれ違い”が始まり……

絵本作家になるために、生まれ育った村を飛び出した少女サリーは、ある日電話で「お父さんが倒れた」という知らせを聞きます。そこで、サリーは住んでいた街から村へ向かうわけですが、サリーの行く手を阻む壁、危険な枝や柵などは、サリーが近付くと消えていきます。

それはなぜか? ということで、ゲームの説明に。

ゲームは6シーン(ステージ)を1チャプターとして区切っており全5チャプター、合計30シーンあります。各シーン、まず、サリーの操作から始まります。サリーは前進しかできず、ジャンプで段差を登ったり、奈落を飛び越えたりして、クリアを目指します。

Sally's Law

▲閉じられている壁に近づくと、なぜか壁が開く!?

娘を守る父の“頑張り”

前述のとおり、サリーの操作中は壁や障害物に当たることはありませんが、サリーのステージクリア後に、お父さんの操作になります。お父さんの番では何をするのかというと、サリーの行き先を先回りして、鍵を取って壁を開いたり、枝や柵などの障害物を潰したり……そう、サリーを守っていたのは、お父さんだったのです!

Sally's Law

▲サリーの挙動はクリア時と同じ。お父さんはサリーに触れることでジャンプ可能

お父さんの番になると、サリーの操作以上に“忙しい”アクションを要求されます。サリーの通るタイミングでスイッチを順番に踏んでいったり、ワープホールに進んで鍵を取って、またワープホールに戻って別の鍵を取ったり、タイムストップでサリーの動きを止めてから、サリーに触ってジャンプして、その先にある障害物を潰したり……等々、特に後半になると、絵本のようなほんわかしたグラフィックとは裏腹に、お父さんはハードなアクションが要求されます(笑)

Sally's Law

▲お父さん操作中に、サリーが壁や障害物に接触するとアウト

サリーはお父さんほど激しく動くことはありませんが、ステージ随所に、ギリギリでジャンプする“ギリジャン”を求められるところがあり、シビアな操作が必要です。

Sally's Law

▲サリー操作中は奈落に落ちるか“前に進めなくなる”とミスに

互いを想い合う家族愛にホロリ

シーン中に、サリーの“お父さんへの想い”など様々な“語り”が挿入されます。サリーの操作中はサリー視点の語りしか表示されませんが、お父さんの操作中は、サリーの語りにあわせて“サリーを想う気持ち”など、お父さん視点の語りが現れます。

Sally's Law

▲サリーとお父さん。すれ違う2人の想いはどうなるのか

不器用な父と、夢を追う娘はどうしてすれ違ってしまったのでしょうか。絵本を読み進めるようにストーリー展開が進んでいきます。ストーリーについては、書きすぎるとネタバレになってしまうのであまり書けませんが(笑)純粋に「家族愛って、いいよなぁ」と思える、ハートウォーミングで、思わずホロッとするような話です。

サリーの年齢はゲーム内で明かされていませんが、3歳でお母さんを亡くし、10歳の頃からすれ違いが始まっているような内容の語りがあったので、恐らく10代後半かと推測されますが、10代後半の多感な時期の女子は難しいんです(笑)それだけに尚更お父さんの、サリーには決して見せることのない頑張りに、胸がキューッとなりますね。椎葉大翼氏作曲の音楽も、そんな2人をやさしく見守り支えているかのような、素敵な曲ばかりです。

Sally's Law

▲特にスタッフロールの曲は必聴!涙もろい筆者は秒でウルッときました。

プレイできなかったけど……

ちなみに、筆者は残念ながら未プレイですが、Joy-Con“おすそわけ”で、サリーとお父さん2人で同時プレイ可能な「マルチプレイモード」もあります。1人プレイでは「思い出の写真」というアイテムをゲットできるのですが、マルチプレイモードでは、サリーとお父さんの衣装がゲットできることもあるらしい!? ちなみにマルチプレイモードはNS版で新たに追加されたモードとのことです。

Sally's Law

▲「メモリアルブック」はチャプター内の6シーンすべてで、各シーンに1枚ある思い出の写真をゲットすると完成

本作は、親子の絆・つながりという「親子愛」がテーマなので、ぜひ、家族で旅行にもどこにも行けないこの大型連休中に、親子で一緒に遊んでみては如何でしょうか。別にお父さんと娘さんじゃなくてもいいんです。お母さんでも息子さんでも、組み合わせは自由です。“家族とは何か”を考える、良い機会になるんじゃないか、と思いました。

■GWは自宅で冒険! いまやるべきゲームはこれだ

Engadgetライター陣がオンラインでわいわい盛り上がれるゲームから、長時間つぎ込んでコツコツ攻略する大作まで幅広くご紹介します。おすすめゲームの紹介記事はコチラからご確認ください。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: nintendo switch, Sallyslaw, Sally's Law, reviews, games, news, gear
0シェア

Sponsored Contents