Samsung
Samsung

Samsungが充電不要のテレビ用リモコン、Eco Remoteの2022年版を発表しました。


この新Eco Remoteは、従来モデルの太陽電池に加えて、電波を電力に変える RF energy harvesting、日本語でいえば電磁波エネルギー回収技術を採用しています。

従来のEco Remoteは太陽電池のみを搭載していましたが、常に暗めの部屋では太陽電池が機能しないため、いずれ電池切れになる可能性がありました。一方、新しいEco Remoteは、太陽電池に加えてWiFiルーターなどの電波から電気エネルギーを回収し、バッテリー残量を維持することが可能です。


もっとも、リモコンの電力消費は微々たるものであり、乾電池式でもその交換は数年に一度の話。Samsungは昨年、太陽光発電のリモコンにすることで、7年間で9900万個の電池の廃棄を回避できると述べていましたが、コスト面や太陽電池とエネルギー回収技術部品の製造による環境負荷を考えると、乾電池式にくらべてEco Remoteが本質的にエコかどうかは意見が分かれるところかもしれません。ちなみにEco RemoteはUSB-Cによる有線充電にも対応しています。


なお、2022年版Eco Remoteは、従来品がブラックのみだったのに対して、ブラックとホワイトの2色を用意していますが、発表時点ではこのリモコンがテレビ製品に付属するのか、単独発売になるのかは言及されていません。

Samsung
Samsung

Source:Samsung