韓国サムスンの6億画素センサーカメラシステムの予測イラストとされる画像が、海外にて掲載されています。

著名リークアカウントのIce universeが掲載した、今回のイラスト。そこでは「4K/8K動画やズーム機能により、センサー解像度は向上している。(サムスンの)ISOCELL技術が、カメラ突起の問題を解決する」と伝えています。

さらに、6億画素センサーを画素ピッチ0.8μメートルで製造した場合には、モジュールの厚さが22mmになると推測。このモジュールをスマートフォンに搭載した時の予測イラストも掲載しているのです。スマホ背面の12%を占める巨大カメラモジュールのイラストは衝撃的ですが、「カメラスマホ」と割り切れば実現不可能ではない気もします。

実はサムスン、以前にも6億画素センサーへの取り組みについて計画を公開しており、人間の目を超える解像度を実現できるとアピールしています。

サムスンのスマートフォン向けイメージセンサーはすでに1億800万画素にまで到達しており、ライバルを一歩リードしています。同社のイメージセンサー技術がどこまで発展するのかに、注目が集まります。

Source: Ice univerce (Twitter)

Via: 91mobiles