韓国サムスンディスプレイは、初となる90Hz駆動のラップトップ(ノートPC)向け有機ELディスプレイを発表しました。

すでにゲーミングラップトップや外部ディスプレイでもおなじみとなっている、高速駆動ディスプレイ。しかしそれらは液晶方式のものでした。またスマートフォン向けにはすでに高速駆動可能な有機ELディスプレイが登場していますが、こちらはラップトップ向け製品とはサイズの違いがあります。

サムスンによると、自己発光方式の有機ELディスプレイは同じリフレッシュレートの液晶ディスプレイに比べて、画面切り替えが非常に速いとのこと。ですので90Hzの有機ELディスプレイでも、120Hzの液晶ディウプレイと同等以上の高速表示が可能だと説明しています。

サムスンディスプレイは3月から、14インチの90Hz駆動有機ELディスプレイの量産を開始します。また、同ディスプレイを搭載したラップトップは年内の投入が期待されています。もともと高画質な有機ELディスプレイに高速駆動が加わることで、ゲーマーにもアピールできる製品になりそうです。

Source: Business Wire