サムスンも充電器の同梱を廃止の噂。来年の一部モデルから実施か

日本のキャリアモデルでは珍しくありませんが

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年07月10日, 午後 04:00 in Samsung
0シェア
FacebookTwitter
Charger
Michael Murtaugh/Wirecutter

次期iPhone 12(仮)には充電器が同梱されないとの噂がありますが、Samsungも充電器の同梱を廃止する方針のようです。

韓国ETNewsが業界筋からの話として伝えており、それによると詳細な時期などは確定していないものの、来年に発売する一部モデルから充電器の同梱をやめる方針とのこと。5G対応なども含め、価格上昇が続くスマートフォンのコストを削減するのが狙いです。スマートフォンが発売されてから10年以上経過し、充電器自体も十分に普及したという判断が背景にはあるようです。

もともと付属していたものがなくなるとなれば、ただでさえ高価なスマートフォンを購入したのに充電器も付いていないのか……と消費者の反感を買う可能性もあるとETNewsは指摘しています。ただ、海外での事情はともかく、日本国内のキャリアモデルでは、すでに充電器が付属していないことも多く、そこまで違和感はありません。

充電器の同梱廃止が、コスト削減にどの程度の効果があるのかは気になりますが、数がまとまればそれなりの金額にはなりそうです。また、端末の買い換えに伴い年間5万1000トンの充電器がゴミとして廃棄されているとのEUの試算もあり、この解消のために充電規格の統一を進める動きも加速しています。

AppleやSamsungの充電器同梱廃止が受け入れられれば、他社も追従する可能性があります。とはいえ、最近はメーカー独自の急速充電を特徴としてアピールすることも多く、そうした機能には専用の充電器が必要になります。このため、この動きがどこまで普及するかは未知数です。

source: ETNews

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Samsung, charger, smartphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents