韓国サムスンは、心拍モニターを内蔵した有機ELディスプレイを発表しました。このディスプレイは、最大30%引き伸ばすことが可能です。

サムスン先端技術研究所(SAIT)の研究チームが発表し、Science Advances誌に掲載された研究によると、今回のフレキシブルディスプレイは通常のプラスチック素材ではなく、高い弾性と弾力性をもつエラストマーを利用。またその分子組成を調整することで耐熱性と柔軟性を高めています。

さらに伸縮可能な電極素材も組み合わされています。これにより、有機ELの画素が変形することなく、画素間の空間や電極素材を収縮させることができます。

このフレキシブルディスプレイは装着者の皮膚に固定されているため、既存のウェアラブルデバイスよりも正確な生体データの測定が可能となります。試作デバイスでは、ディスプレイを30%延ばしたり手首を動かしても性能が低下することがなく、また固定式のシリコンセンサーに比べて2.4倍強い信号で心拍数を測定することができました。さらに1000回引き伸ばしても、安定した生体データの計測が可能とのこと。

このような肌に貼れるディスプレイは、大日本印刷東京大学も研究を進めています。一方でサムスンの研究チームは、このフレキシブルディスプレイの解像度や柔軟性、生体データの測定の精度をさらに高め、将来的には酸素飽和度、筋電図、血圧などを測定したいとしています。将来、スマートウォッチやスマートバンドは肌に貼り付けられるほど薄型化されるのかもしれません。

Source: Samsung