2021年は、フォルダブルの次となるスマホが、実際に購入できる年となるのかもしれません。韓国サムスンが「ダブル折りたたみ(三つ折り)スマートフォン」を年内にも投入するとの情報が、海外にて伝えられています。また、Galaxy Z Fold2(上写真)など、現行フォルダブルスマホの次世代モデルも投入されるとのこと。

このウワサの震源地となったのは、Nikkei Asiaの報道。その記事によれば、サムスンは2021年の折りたたみスマートフォンのラインナップとして、横折りタイプの「Galaxy Z Fold3(仮称)」、縦折りタイプの「Galaxy Z Flip2(あるいはFlip3、どちらも仮称)」に加え、今回の三つ折りスマートフォンを予定しています。

このダブル折りたたみスマートフォンの投入時期は、今年後半になると予測されています。


今回のダブル折りたたみスマホは、完全に展開した状態の画面アスペクト比は16:9(または18:9とも)となり、Galaxy Z Fold2よりも横長なディスプレイとなるようです。これにより、動画などのコンテンツとの相性がより良くなると予測されます。


さて、こうした三つ折りスマートフォンとしては、デモ機としてはすでに中国のシャオミやTCLが発表していますが、今回のGalaxyは市販品としてのウワサという点がポイント。

またもう一つの焦点となっているのが、果たしてどのような形状(とくに折りたたみ方)になるのか、という点です。シャオミの試作機はディスプレイを観音開きに折りたたみ、TCLの試作機はZ字型にディスプレイを折りたたむなど、三つ折りタイプといえども、その方式には早くも違いが存在しているため。

さらにサムスン自身も特許出願のレベルでは、既に観音開きタイプの図面を公開しています。


サムスンによる三つ折りスマートフォンの投入は、以前にもリークアカウントによって報告されており、実際に製品が投入される可能性は高そうです。現在の折りたたみスマートフォンは、見慣れてしまうと展開時でもそれほど画面が大きくないのと感じることもありますが、三つ折りスマートフォンならこうした点もより進められるはず。

フォルダブルスマホの理想の一つと言われる「収納時はスマホサイズ、展開すればタブレットサイズ」の端末が、三つ折りではいよいよ実現できるかもしれません。

Source: Nikkei Asia

Via: 9to5Google