Exynos 1080
Samsung

Samsungは11月12日、上海で5G対応のミドルクラスSoC、Exynos 1080を発表しました。同社初の5nmプロセスで製造されたプロセッサとなります。

スペックとしては、2.8GHz x 1(Cortex-A78) + 2.6GHz x 3(Cortex-A78) + 2.0GHz x 4(Cortex-A55)のオクタコアで、GPUにはMali-G78 MP10を搭載。ディスプレイはWQHD+なら90Hz、FHD+なら144Hzをサポート。カメラはシングルなら200MP、デュアルなら32MP+32MPに対応。最大で6つのカメラを利用可能です。

前世代の製品と比較し、シングルコア性能が1.5倍、マルチコアで2倍になったほか、GPU性能も2.3倍になったとアピールします。また、電力効率も10%向上しており、より省電力になっているとのことです。

5G通信は下り5.1Gbpsの Sub-6のほか、下り3.67Gbpsのミリ波にも対応。Bluetoothは5.2で、Wi-Fiは802.11ax対応です。

開発にあたり、中国Vivoと密接に協力してきたとのことで、Exynos 1080を搭載する端末が、Vivoから2021年初めにリリースされるとしています。

5nmプロセスといえば、AppleのA14 Bionicのほか、HUAWEIがKirin 9000ですでに採用しています。これらの半導体製造は台湾のTSMCが担っていましたが、Samsungが5nmプロセスチップの製造を本格化することで、いよいよモバイルの主戦場は5nmプロセスに移行することになりそうです。なお、5nmプロセスで製造される次期Snapdragon 875(仮)は12月に発表が噂されています。

source: Samsung, Weibo