Galaxy Book Odyssey
Samsung

Galaxyブランドといえばスマートフォンが主力ですが、昨今海外ではノートPCにも力を入れています。そして次のターゲットは、人気のゲーミング向けモデルとなりそうです。

韓国Samsungが4月28日(現地時間)に実施したUnpackedイベントにて、海外向けにGalaxy BookブランドノートPCが多数発表されました。その中で注目モデルの1つが、15.6型ゲーミングノートPC「Galaxy Book Odyssey」です。


他のGalaxy BookよりもパワフルだとするGalaxy Book Odysseyは、CPUに第11世代のIntel Core Hシリーズプロセッサを搭載。詳細は明かさなかったものの、その後に公開されたスペックによるとグレードとしてはCore i5/i7となるようです。

また、ディスクリートGPUとして、Geforce RTX 30シリーズを採用。上位モデルではRTX 3050Tiも搭載できるとしています。なお、Odysseyは、同GPUを搭載する初のラップトップともなります。

ディスプレイは15.6インチで、解像度は1920x1080。GalaxyのノートPCといえば……の有機ELではなく、応答速度に優れたTFT液晶を採用しているのも、ゲーミングを意識したためでしょう。

Galaxy Book Odyssey
Samsung

メモリは最大32GBで、ストレージは最大1TB(NVMe SSD)。追加ストレージスロットと別売りSSDを使用すると最大2TBまで拡張可能です。

インターフェースはUSB Type-C x 2にUSB 3.2 x 3、HDMI、microSD、3.5mmジャック、RJ-45有線LAN。無線LANはWiFi 6に対応します。

内蔵バッテリーは83Whで、135WのUSB Type-Cチャージャーが付属。サイズは356.6 x 229.1 x 17.7mmで重さは約1.85Kg。


価格は1399ドルからで、一部市場で8月に発売の予定です。


さて、シリーズ名に付けられたOdysseyといえば、これまでSamsungのゲーミングモニターで展開してきたブランドでもあります。天板のロゴもそれと同じものを採用していることから、今後はモニターに限らずゲーミングブランドとしてOdysseyを展開していくのかもしれません。

Source: Samsung