韓国サムスンの次期スマートフォン「Galaxy S22(仮称)シリーズ」のものとされるダミーユニットが、海外ユーチューバーのUnbox Therapyによって公開されています。

Galaxy S22シリーズでは現行モデルの「Galaxy S21シリーズ」と同じく、S22/S22 Plus/S22 Ultraの3モデルの投入が予想されています。また、Galaxy S22 UltraではSペンの内蔵「Galaxy Note風デザイン」の採用も、リーク情報として報告されています。

今回公開された動画では、Galaxy S22シリーズのなかでもGalaxy S22 Ultraに特別なデザインが採用されていることがわかります。四隅が角張ったデザインは「Galaxy Note20」を連想させますし、本体背面がマットな仕上がりでカメラ部の突起が存在しない点も、他のS22シリーズとは異なっています。

リーク情報によれば、Galaxy S22とS22 Plusの画面サイズはそれぞれ6.1インチと6.55インチ。またS22 Ultraにはスーパークリアレンズを採用した1億800万画素のメインカメラ、1200万画素超広角、1000万画素3倍望遠、1000万画素10倍望遠カメラが搭載されるとのこと。さらに、充電速度も45Wへと引き上げられるようです。

これまで何度も伝えられてきたNoteシリーズの終了の噂に、同スマートフォンのファンはやきもきしていたことでしょう。しかしその特徴がほぼすべてGalaxy S22 Ultraに引き継がれるのだとすれば、むしろこれは喜ぶべき流れといっていいかもしれません。

Source: Unbox Therapy (YouTube)

via MacRumors