Galaxy Watch 3(仮)はより時計らしく、スマートに? 本体とされる画像と仕様が出回る

ウワサのベゼルは細めに見えます

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年06月19日, 午前 08:00 in Samsung
0シェア
FacebookTwitter

韓国サムスンの次期スマートウォッチ「Galaxy Watch 3(仮称)」の本体と思わしき画像とスペック情報が海外にて伝えられています。

まず上の画像は、韓国の登録機関であるNRRAに登場したとして、MySmartPriceが伝えたものです。2018年に発表されたスマートウォッチ「Galaxy Watch」と比べると、ベゼルがシンプルかつより細く、またサイドボタンはより飛び出す傾向に。総じて、腕時計らしさの増したデザインに仕上がっています。

以前のリーク情報によれば、Galaxy Watch 3はケースサイズが41mmと45mmの2サイズで、さらにベゼルの回転機構が取り入れられます。今回の画像からはベゼルの構造を知ることはできませんが、すくなくともタッチベゼルを採用した「Galaxy Watch Active 2」とは異なるデザインです。

またGalaxy情報で定評ある海外サイトのSamMobileやリークアカウントのMax Weinbachは、Galaxy Watch 3のスペックを伝えています。それによると、ディスプレイサイズはけケースサイズに応じて1.2インチと1.4インチの2種類となり、仕上げはそれぞれ、チタンとアルミニウムの2モデルが存在します。

本体には8GBの内蔵ストレージを搭載し、LTE接続とGPS計測に対応。心拍数、心電図、血圧の測定が可能だとしています。さらに、Galaxy Watch Active 2の充電器が流用できるようです。

Galaxy Watch 3は7月のイベントにて、ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」との同時発表が期待されています。今回の情報が正しければ、Galaxy Watch 3はGalaxy WatchとGalaxy Watch Active 2の「いいとこ取り」的な製品となりそうです。

Source: MyStmartPrice, SamMobile
Via: 9to5Google 1, 2

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Samsung, Galaxy Watch, Smartwatch, Galaxy, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents