Samsung
Samsung

オンライン開催中のCES 2021において、Samsungが「Better Living : AI in Daily Life」をテーマにしたAIホームロボット、SamsungBot CareとSamsungBot Handyを発表しました。

現在テスト中だというこのロボット、家庭内でのユーザー支援を目的としています。ディスプレイを持つSamsungBot Careは、ユーザーの行動を認識して手助けするように行動します。公開されたデモ動画では、長時間座っているユーザーに対して立ち上がるようリマインダーを提供したり、テレビ会議のモニターとして、ユーザーの見やすい位置に移動したりといった姿を披露しています。持ち歩かなくていいスマートフォン(タブレット)的な存在とも言えそうです。

もう一つのSamsungBot Handyは、片腕だけのロボットで、より積極的な支援が可能な様子。高度なAIによりさまざまなサイズのオブジェクトを認識でき、食器を食洗機にセットしたり、飲み物をグラスに注いだりといったことも行えます。

Samsung
Samsung

もちろん、現段階ではすぐに製品化できる物ではなく、どちらも開発中のコンセプト製品です。本当に発売されるのか、それはいつになるのかなどの情報は明かされていません。

なお、登場がいつになるかわからない2機種の代わりに、今年前半に米国で発売されるAI搭載ロボット掃除機「JetBot 90AI+」も発表されました。従来のロボット掃除機に対し、LiDARおよび3Dセンサーを搭載しているのが特徴。部屋のマッピングやオブジェクトの認識も行えるとしています。また、搭載しているカメラを利用し、ホームモニタリングデバイスとしても利用可能です。

これらのロボットが家庭内を動き回るために、部屋を綺麗に片付けなければいけないというジレンマも生まれそうですが、すでにロボット掃除機の登場時に体験済みのことではあります。上手く折り合いを付け、家庭内の雑務から解放される未来を期待したいものです。

source: Samsung(1), (2)