Samsung
Samsung

アップルが10月にiPhone 12シリーズを発表直後、サムスンはそれらに電源アダプタが同梱されなくなったことをからかいました。それから約2ヶ月後、サムスンの次期スマートフォンGalaxy S21(仮)シリーズにも電源アダプタが同梱されない可能性を示す手がかりが見つかったと報じられています。

ブラジルのテック系サイトTecnoblogによると、ブラジルの認証機関ANATEL(米国のFCCに相当)はGalaxy S21、S21+、S21 Ultra(いずれも仮称)と推測されるデバイスを承認したとのことです。それぞれSM-G991B/DS、SM-G996B/DS、および SM-G998B/DS というコードネームが付けられています。

これらデバイスの詳細はANATELに提出された文書では明らかにされていませんが、確かなことが1つ。それは「3つのデバイスのいずれも充電器やヘッドホンを箱に入れていないこと」であり、サムスンもアップルに続く可能性が高いというわけです。

ちなみに、サムスン公式アカウントがアップルをからかったFacebook投稿は、すでに記事執筆時点(12月8日)では非公開となっています

サムスンが将来モデルで充電器の同梱を止める計画を「議論」しているとの噂は7月からあったので驚きではありませんが、本当に計画中だったとすればアップルをからかったことが逆に驚きではあります。

とはいえサムスンが「新型iPhoneが出るたびにからかい、後にアップルの後に続く」ことは何度も繰り返されてきた恒例行事ではあります。たとえばiPhoneにイヤホンジャックがなくなったことを揶揄するCMを、自社のGalaxy Note10シリーズにてイヤホン端子を廃止したのに合わせるかのように削除していました

そうした行いはサムスン社内で完結するとして、事態をややこしくしそうなのは、当のブラジル政府がiPhoneに電源アダプタ同梱の義務づけを検討していると報じられた直後というタイミングです。Galaxy S21シリーズは電源アダプタの同梱を止めた直後に、また同梱を余儀なくされるのかもしれません。

Source:Tecnoblog

Via:9to5Mac