韓国サムスンはスマートフォン/モバイル機器向けの新型イメージセンサー「ISOCELL GN2」を発表しました。

ISOCELL GN2の特徴は「Dual Pixel Pro」機能の搭載により、オートフォーカスの速度と精度が向上したこと。これは1画素を2個のフォトピクセルで構成したデュアルピクセル位相差検出技術により、それぞれのフォトピクセルで光を検知しオートフォーカスに利用。これにより、センサーの撮影性能に影響を与えることなく、通常の位相差センサーより高い性能を実現しているのです。

さらにサムスンのDual Pixel Proでは、ピクセルを垂直方向ではなく斜め方向に分割。これにより、各ピクセルは上下方向だけでなく左右方向の光の差異を検知することができます。同社によれば、例えばスマートフォンの向きを変えたときにもより高速にオートフォーカスが計算できるとしています。

また、スタッガードHDR技術も採用。これは夕日のような高コントラストなシーンでの撮影の際に、短時間/標準/長時間でのフレーム露光を同時に行うもので、リアルタイムHDRに比べて24%の省電力化を実現するとしています。またISO感度約100万を実現するスマートISOや、5000万画素のRGBイメージを統合することで1億画素イメージを出力することも可能です。

ISOCELL GN2は生産が開始されており、今後リリースされるスマートフォンへの搭載が予定されています。5000万画素と絶対的なピクセル数は少ないものの、スマートフォンの撮影画質をさらに向上させてくれそうです。

Source: Samsung