韓国サムスンの次期ノートPC「Galaxy Book Pro」「Galaxy Book Pro 360(どちらも仮称)」のものとされるレンダリング画像やスペック情報が、海外にて伝えられています。

今回の画像は、著名リークアカウントのEvan Blassが投稿したものです。それによると、Galaxy Book Proは通常のクラムシェルタイプ、そしてGalaxy Book Pro 360はディスプレイが360度回転してタブレットとしても利用できる、コンバーチブルデバイスのようです。

ディスプレイサイズはどちらも13/15インチが用意され、Galaxy Book Pro 360はSペンによる入力に対応。プロセッサには最新の第11世代Core i7プロセッサの搭載が伝えられています。またGalaxy Book Proには指紋認証センサーも搭載されるようです。

さらに海外テックサイトの91Mobilesは、韓国認証機関ことSafetyKoreaに両ノートPCが登録されていたと伝えています。このことからも両ノートPCの発表が近いことを予感させます。

サムスンは4月28日のイベント開催を予定しており、その場では「最もパワフルなGalaxy」の登場が予告されています。そのパワフルなGalaxyとは、最新プロセッサを搭載したGalaxy Book Pro/Pro 360である可能性が高そうです。

Source: 91Mobiles, SamMobile