iPhone 13 Pro

2021年のiPhone 13(仮)シリーズのうち上位のProモデルには120Hz画面が搭載されるとの噂が何度か伝えられていますが、その信ぴょう性を補強する新たな情報が届けられています。

韓国のサプライチェーン情報誌The Elecによると、Samsung DisplayとLG DisplayがiPhone 13とiPhone 13 Proに採用されるディスプレイの生産を開始したとのことです。

そのうちiPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro Maxには、(近年のiPad Proと同様の)ProMotion 120Hz表示に応した新たなLTPOディスプレイ技術が採用されると報じられています。またiPhone 13およびiPhone 13 mini用の有機ELディスプレイはLGが製造するとのことです。

LTPOとはディスプレイのバックプレーン技術、つまり液晶や有機ELを制御する回路基板の技術のこと。従来のLTPS(低温ポリシリコン)技術よりも電力消費が少なく、iPhoneの画面リフレッシュレートを60Hzから120hzに上げれば消費電力も増え、それを補うためにも必要と推測されてきました。ちなみにLTPOはApple Watchにも採用されており、Series 5以降の常時表示を支えています。

そしてサムスンは120Hz対応のLTPO TFT(薄膜トランジスタ)を採用した有機ELパネルを作れる唯一のサプライヤーというわけです。その一方でLGは、iPhone 13とiPhone 13 mini向けにLTPS TFTに基づく有機ELパネルを供給予定とされています。

またThe Elecは、昨年のiPhone 12シリーズ用ディスプレイの生産開始よりも約1カ月早いことも指摘しています。思い返せば、iPhone 12は新型コロナ感染拡大のもと工場閉鎖などに見舞われ、発売は例年の9月から10月~に延期されていました。今年も半導体不足が「危険水域」に入ったとの観測もあり、アップルは有機ELパネルなどを確保して(昨年と)同じ状況を避けようとしている可能性が高いとの証言も伝えられています。

iPhoneの画面が現状の60Hzから最大120Hzとなれば、まずiOS全体のアニメーションが滑らかになるはず。また2倍の頻度で画面が書き換えられるため、ゲーム操作のレスポンスも良くなると予想されます。さらにiPad ProのProMotion(120Hz)表示がApple Pencilの書き心地を向上させたように、今年こそiPhoneのApple Pencil対応が期待できるかもしれません。

 

Source:The ELec

via:9to5Mac