Samsung Galaxy Watch

サムスン電子の次期スマートウォッチがFCCで公開されています。製品画像自体は含まれていないものの、ラベル表記のための背面画像が掲載されており、ケースサイズが45mmと41mmになることがわかります。

この次期スマートウォッチがGalaxy Watchの後継なのか、Galaxy Watch Activeの後継なのかは定かではありませんが、型番はLTE対応モデルがSM-R845とSM-R855、WiFiモデルがSM-R840とSM-R845です。

Galaxy Watch(SM-R800/R810)はケースサイズが46mmと42mm、Galaxy Watch Active 2(SM-R820/R830)は44mmと40mmでしたので、ちょうど中間サイズに相当します。そのほかの具体的な仕様に関しての情報はありませんが、ラベルからは少なくとも5気圧防水でGPSとMIL-STD-810Gに対応していることがわかるため、従来の製品と同じ仕様になりそうです。

表側のベゼルについては、Galaxy Watchのような回転ベゼルなのか、Galaxy Watch Active 2のようなタッチ式ベゼルなのかもわかりませんが、サムスン電子関連の情報に詳しいSamMobileは、回転ベゼルになると伝えており、回転ベゼルの操作感が好きだったユーザーには朗報といえるかもしれません。

このほか、Galacxy Watch Active 2ではECGと血圧測定に対応しましたが、発表の際に次期スマートウォッチも対応するとのことでしたので、これらにも対応していると考えられます。


肝心の発表時期についても不明ですが、昨年のGalaxy Watch Active 2は、8月にGalaxy Note 10の数日目に発表されました。今年も時期Noteシリーズの発表が8月にあるとするならば、その直前あるいは同時に発表されるものと考えられます。

Galaxy Watch
Samsung / FCC

via: 9to5Google, Droid-Life
source: FCC(1), (2), (3), (4)