サムスン、曲率1000Rのゲーミングモニタ「Odyssey」の予約を米国で開始

最上位は約18万円

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年06月16日, 午後 02:30 in G7
0シェア
FacebookTwitter
Samsung Odyssey
Samsung

SamsungがCES 2020で発表したゲーミングモニタ「Odyssey」シリーズの米国価格を発表、予約を開始しました。Odysseyは、人間の視野とほぼ同じという曲率半径1000Rを謳うゲーミングモニタ。その近未来的なデザインと相まって、CES 2020でも非常に注目されたモニタです。

49インチワイドのG9(G95T)と32インチ/27インチのG7(G75T)がラインナップされており、いずれも240Hzの高速なリフレッシュレートと応答速度1msに対応したQLEDディスプレイを採用。NVIDIAのG-SyncとAMDのFreeSync Premium Proをサポートします。

上位モデルとなるG9は、49インチ デュアルクワッド(5120x1440)でアスペクト比は32:9。ピーク輝度は1000cd/平方メートル、HDR1000にも対応します。価格は1699.99ドル(約18万円)。

Samsung Odyssey G9
Samsung

下位モデルのG7は、27インチと32インチの2モデルがありますが、解像度はいずれも2560x1440でアスペクト比は16:9。ピーク輝度600cd/平方メートル、HDR600に対応します。価格は、27インチが699.99ドル(約7万5000円)、32インチが799.99ドル(約8万6000円)。

Samsung Odyssey 27
Samsung

3製品とも、米国では7月13日に発売となるようです。おそらく日本での発売はありませんが、1000Rのウルトラワイドディスプレイは、一度体験してみたいところです。

source: Samsung

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: G7, G9, curved, Odyssey, 1-millisecond, 240Hz, monitors, Samsung, thebuyersguide, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents