サムスン、防水折り畳み端末の特許を出願。噂のGalaxy Fold Lite?

ゴミの混入で困っていたのにもう防水

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年05月26日, 午後 05:30 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Samsung Galaxy Fold

Samsungが、新しい折り畳み端末Galaxy Fold 2(仮称)や廉価版のGalaxy Fold Lite(仮称)を準備しているとの噂が出ていますが、そのうちの1つかもしれない端末画像が、Samsungが出願した特許情報から見つかっています。

出願された特許は「防水構造を含む電子デバイス」というもので、防水のヒンジを持った折り畳み端末に関する特許となっています。

この特許の中で示されている端末はGalaxy Foldによく似ていますが、折りたたんだ際に利用する外側のディスプレイが小さくなっているのがわかります。帯状のディスプレイになっており、通知の表示での利用を想定している印象です。

Samsung patent

GalaxyFold Liteのサブディスプレイは、小型化されるものの、Galaxy Z Flip程小さくはならないとの情報があるので、この図のディスプレイは、それに合致してはいます。

とはいえ、特許の内容は、あくまでも防水性能を持った折り畳み構造に関するもの。サブディスプレイは、本題ではないおまけの部分です。ただ、開発中の端末のイラストを使用しているとは限らないものの、あえて既存のGalaxy Foldとは別のイラストを採用する意味もなく、この図の端末がリリースされる可能性はありそうです。

なお、この特許による防水性能がどの程度のものなのかは示されていませんが、近い将来、IPX8などの防水等級を持った折り畳み端末が登場するかもしれません。

via: SamMobile

source: WIPO

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: mobile, Samsung, Patent, Galaxy Fold, Galaxy Fold Lite, smartphones, news, gear
0シェア
FacebookTwitter