rollable
OPPO

折りたたみスマートフォンの先端を走るサムスンですが、その次となりそうな形状のトレンドにおいても最先端を譲る気はなさそうです。同社は、2021年内に巻き取り式かつスライド式のディスプレイの製品化に取り組むことが明らかにされました。

韓国の業界情報誌The Elecは、サムスンディスプレイのチェ・クォンヨン上級副社長が今年(2021年)に折りたたみ式デバイス市場の小型~中型画面でリーダーシップを拡大していく、との発言を報道。現在はフリップ(縦折り)型とフォールド(横折り)製品があるなかで、新たな技術をいち早く採用して、ポートフォリオと顧客を拡大していくと述べた文脈にて言及されている格好です。

巻き取りかつスライド式ディスプレイといえば、2020年末にOPPOが公開したコンセプト機OPPO X 2021が、実際に手に取れて動作する形となった先駆けのモデルでしょう。フレキシブルディスプレイを本体の縁から裏側へと巻き取り、折り曲げるのではなくスライドさせることで画面の大きさを連続的に変更できるというものです。

それに続いてサムスンディスプレイも巻き取りディスプレイのコンセプトを提示(ただし、実機はナシ)。ここでは細長い棒の中にディスプレイを巻き取って使うときだけ展開する「スティック+ローラブル」という大胆な未来を見せていましたが、年内に実用化ともなればOPPOのようなフォームファクタに落ち着くのかもしれません。

ただしその一方で少なくとも現状では、おそらく初の採用例となるサムスンのモバイル部門からの声明はありません。そのため、ディスプレイパネルとしてはともかく、スマートフォンとして――2021年内にGalaxy Z Foldのようなフォールド式やGalaxy Z Flipのようなフリップ式に続き、第3の形状としてローラブル型スマートフォンが加わるかどうかという点――は、依然として不明です。

またクォンヨン氏は、有機EL市場に参入する競合他社に対抗して、可変リフレッシュレートや低消費電力などの技術を採用するとも発言しています。サムスンディスプレイの大手顧客であるアップルが、いよいよiPhone 13に120Hz画面を導入することを示唆している可能性もありそうです。

Source:The Elec