韓国サムスンは同社のISOCELLイメージセンサーとして初となる、車載向け製品「ISOCELL Auto 4AC」を海外発表しました。

Samsung Sensor

ISOCELL Auto 4ACは自働車のサラウンドビューモニターやリアビューカメラに利用されるイメージセンサーです。その特徴は、1つのピクセルエリアに低光量用の3.0µm大型ピクセルと、明るい環境用の1.0µm小型ピクセルを配置する「CornerPixel」技術を採用したこと。

これにより、トンネルの前後などの大きな光量の変化でもドライバーの視野を妨げず、90Hz以上のLED光のちらつきが防止できるとうたっています。また大小ピクセルで同時に撮影を行うことで、ブレを抑えながら最大120dB(明るさのダイナミックレンジ)のHDR撮影を実現しています。

ISOCELL Auto 4ACのその他のスペックとしては、センサーサイズは1/3.7インチで120万画素、HD解像度(1280 x 960ドット)撮影が可能。マイナス40〜125度の範囲での動作が保証されています。

ISOCELL Auto 4ACはすでに、量産が開始されています。一方でKorea Economic Dailyは、本イメージセンサーが米メーカーに採用されたと報じており、これはテスラの電動ピックアップ「Cybertruck」ではないかとの噂。今後の自働車のスマート化に伴い、さらなる需要の拡大が期待できそうです。

Source: Samsung