韓国サムスンはOSにTizenを搭載したディスプレイ「Smart Monitor」シリーズに、43インチモデルの「M7」と24インチモデルの「M5」を海外にて追加しました。

M7はUHD解像度かつHDR10に対応、M5はFHD解像度のモデルとなっています。Smart Monitorシリーズではこれまでに27インチモデルと32インチモデルをリリースしていました。いずれもスピーカー内蔵、リモコンも付属します。

PCに接続してモニタとして利用できるだけでなく、Tizen OSによりNetflixなどのアプリケーションが利用可能です。さらにGalaxyシリーズのスマートフォンに搭載している「DeX」機能を利用して、PCのディスプレイとしても利用できます。音声アシスタントとしてはAlexaとGoogle アシスタントに対応。

現時点ではサムスンはM7とM5の価格を公表していません。参考までに、Smart Monitorの32インチモデルは400ドル(約4万3000円)、27インチモデルは230ドル(約2万5000円)にて販売されています。サムスンは先日にTizen OSのスマートTV向けの開発継続を発表しましたが、早速その搭載製品が登場したことになります。

Source: Samsung