韓国サムスンは新モデルとなるSSD「980 NVMe」を海外発表しました。

980 NVMeは前モデルとなる「970 EVO」の特徴をそのまま引き継ぎ、十分な性能と廉価な価格を実現しています。シーケンシャルでの読み込みは3500MB/s、書き込みは3000MB/sと、970 EVOから書き込み速度が向上。また、より大容量なバッファーを搭載することで性能低下を防いでいます。

980 NVMeは970 EVOと比べると36%の消費電力の削減、54%の電力効率の改善、さらに冷却性の向上を実現。一方で、970 EVOに搭載されていたDRAMは削除されています。サムスンによれば、システムのメモリに直接アクセスする「Host Memory Buffer」技術により、980 NVMeでは以前と変わらないパフォーマンスを実現していると伝えています。

980 NVMeの接続インターフェイスはPCIe Gen.3.0 x4, NVMe 1.4で、製品フォームファクタはM.2(2280)、5年間の製品保証が付属しています。価格は250GBモデルが50ドル(約5400円)、500GBモデルが70ドル(約7600円)、1TBモデルが130ドル(約1万4000円)と、970 EVOからさらに値下げされています。ローエンド〜ミッドレンジ向けのPCにて、幅広い製品での採用が期待できそうです。

Source: Samsung