韓国サムスンは自社のスマートテレビ向けに、NFT(Non-Fungible Tokens)アート作品を閲覧し購入できる「NFTアグリゲーションプラットフォーム(NFT Aggregation Platform)」を発表しました。

NFTとは仮想通貨のブロックチェーンを用いた技術で、デジタルデータの唯一性/非改ざん性/作成者・所有者証明の提示が可能になります。これとデジタルアート作品を組み合わせると、デジタルデータにも関わらず唯一の存在となる「NFTアート作品」が誕生するのです。

サムスンのNFTアグリゲーションプラットフォームでは、ユーザーがスマートテレビからNFTアート作品を閲覧したり、購入したり、作成者などの関連情報、あるいはブロックチェーンのメタデータを確認することができます。NFTアート作品の取り扱いでは、複数のマーケットプラットフォームに対応しています。

またスマートテレビ向けの機能らしく、「スマートキャリブレーション」機能ではNFTアート作品の制作者の意図にあわせたテレビ設定の自動調整が可能です。

NFTアグリゲーションプラットフォームはサムスン製スマートテレビ「MICRO LED」「Neo QLED」「The Frame」にて利用が可能になります。NFTアート作品が今後発展するのかどうかは未知数ですが、最新のトレンドをいち早く製品に取り込むサムスンの機動性はさすがといったところでしょうか。

Source: Samsung