iPhone Tips

子どもたちの年末の楽しみといえば、サンタさんからのプレゼント。今年は外へ出かけるのも難しい状況だからこそ、自宅で楽しくクリスマスを過ごしたいところです。

 そこで今回は、サンタさんからのビデオメッセージを作成できるアプリをご紹介しましょう。子どもの名前や写真を設定すると、その子だけに宛てたビデオを作れます。プレゼントと一緒にビデオを渡してみてはいかがでしょうか。

相手の名前を設定

使うのは「PNP – Portable North Pole」というアプリ。無料でビデオを1本作成できるほか、有料プランではビデオ電話などの機能を楽しめます。表記はすべて英語ですが、操作は難しくないので問題ないでしょう。

iPhone Tips

アプリを起動し、「Create my free video」を選択。名前欄をタップし、メッセージを送る相手の名前を入力してください。アプリ内の名前データから該当するものが表示され、再生アイコンをタップするとサンタの声を試聴できます。

iPhone Tips
▲「Create my free video」をタップ(左)。名前欄に(中)名前を入力しましょう(右)

試した限りでは、「アキラ」「エミ」「ケンジ」「レイカ」など、日本人の名前も多く登録されていました。該当する名前がない場合は、あだ名のように省略したもの(ナオヤ→ナオなど)を選ぶといいかもしれません。選択後、前の画面に戻って「Use this」をタップしてください。

iPhone Tips
▲該当する名前がない場合は、「See other options」から(左)「Or choose a nickname」をタップし(中)、近いものを選択するのも手です(右)

2通りの呼び方が表示されたら、それぞれの発音を聞いて近いものを選びましょう。どうしても名前がなかった場合は、「Baby」「Boy」などが選べます。

iPhone Tips
▲「ヒロ」と「ハイロ」それぞれの発音を聞いて「Use this」をタップ(左)。「Angel」や「Baby」といった呼び方も選択できます(右)

写真を設定

その後、性別や誕生日、ビデオメッセージ内で使用する写真、住んでいる国、普段の生活(学校に通っている、何年生かなど)を設定。規約に同意して「Create video」をタップしてみてください。

iPhone Tips
▲性別や誕生日を入力(左)。写真を選択したら、国や普段の生活を設定し、規約に同意して「Create video」をタップ(右)

すると、ビデオが自動で作成されます。詳細画面で動画を再生してみましょう。メールやSNSでの共有、本体へのダウンロードもできます。

iPhone Tips
▲動画をタップ(左)。再生アイコンをタップすると再生されます。動画を共有したい場合は、メールやSNSアプリのアイコンから(右)

1分30秒ほどの動画では、サンタさんが「ハロー、〇〇(入力した名前)」と呼び掛けてくれて、「このあとトナカイの飛行訓練があってのう」「世界中を飛び回るんじゃ。もちろん、日本にも行くからの」などと話してくれます(名前以外は英語ですが、ざっくりと子どもに教えてあげるといいでしょう)。

iPhone Tips
▲設定した写真が左側に表示されているのがわかります

Gallery: サンタクロースから子どもにメッセージ!クリスマスプレゼントに添えてみてはいかが?:iPhone Tips | of 8 Photos