GREEN FUNDING
GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

アウトドアでサウナの素晴らしさは、やった人で無いと分かりません!フィンランドでのアウトドアサウナの経験を基に日本で開発・製造するアウトドアサウナシステム”SaunaHax”誕生!!!モバイルピザ釜「PizzaHax」や、「欲ばりすぎる焚き火台BonHax」と、次々にアウトドアプロダクトをクラウドファンディングで成功してきた当社が、次にリリースするのは、ただ、熱いだけじゃ無い!サウナを楽しんだ後のアフターサウナも120%楽しめる。「アウトドアサウナシステムSaunaHax」

サウナを終えた後、薪ストーブの熾火を利用したピザやグリル料理も可能な特製薪ストーブ!贅沢にステンレスの厚板を使い、職人さんが一つずつ手作業で製作します。従来のサウナ用ストーブは熱でベコベコに変形しますが、SaunaHaxはへっちゃらです。また、大型の耐熱ガラス窓を使用し、美しい炎も愛でることが出来ます。サウナストーブで初の外気導入型だから、燃焼にテント内の空気を使用しません。テント内は綺麗な空気のままで楽しめます。お腹もいっぱいになって、火も消えたら、そのままサウナテントの中で宿泊も可能です!朝イチのサウナもあっという間に可能です!まさに、贅沢すぎるアウトドアサウナシステムの誕生です!

私がフィンランドへ初めて訪れたのは2014年の頃でした。主に南のTurku(トゥルク)で滞在し、仕事仲間に伝統的な湖畔のサウナへ連れて行ってもらいました。実は、私は日本ではサウナのイメージが、威張ったおっさん(達)がベンチの上に陣取る繁華街にある施設・・・でありサウナ自体あまり興味がありませんでした。アウトドアサウナの初体験はフィンランドの冬だったのですが、始めはまるで罰ゲームのような?しかし、実際に入って、薪ストーブの強烈な熱さと、1℃以下の水温の冷水浴を繰り返しながら、薪の香りのスチームに包まれ、見ず知らずのローカルSUOMI達と片言で会話をしていると、ゆっくりと心も体もほぐれていくのを実感しました。

フィンランド滞在時はお世話になりっぱなしのTeppoさんとサウナ後の冷水浴(Turku近郊の湾内にて)


日本に帰国後は、相変わらず日本の電気サウナへ行く事はありませんでした。
何とかあの体験をもう一度!で、作っちゃいました😆
当社は2020年には山の上でピザが食べたい!の一念だけで「バックパックに入るモバイルピザ釜PizzaHax」をクラウドファンディングで成功させて世に出しました。ついでに、「欲ばりすぎる焚き火台BonHax」も成功させ、アウトドアでの新しい視点での楽しみ方を提案してきました。今回、当社が提案するのは、従来のアウトドアサウナには無い、安全で特別な体験をお届けすることが出来る欲張りなアウトドアサウナシステムになります!

宮城県内の工場で職人さんが1台1台丁寧に溶接して製作します。


表面温度400℃越の耐熱テストも楽々クリア!


ストーブの中には煙突や煙突ガードなど付属品が収納できます


扉には誇らしげなSaunaHaxの銘板!また、厚手の耐熱グローブを使用していても開閉がやりやすい構造を考慮したラッチ。引っ張れば簡単に開きます。超高温下での薪をくべたりするときの、あの緊張感が和らぎます。輸入物は蝶番構造、横開きでリスクが高いと判断して縦開きを採用しました。
縦開きのメリットは、扉を開ける時間がかなり短く出来る事。扉を開ける時間が長くなると、テント内の一酸化炭素像度は急上昇します(実測済)扉を開ける時間はなるべく短く!鉄則です。

SaunaHaxの外気導入構造


※イラストは概要です。製品版はインテークが2本であったり、加湿タンクがオプションであったりと小さな違いがあります。

極厚鉄板とピザピールにもなる特殊形状の専用調理器具


※開発中のモノです。実はもう一つギミックを追加するべく日夜、サウナとアフターサウナの調理に勤しんでいます(^_^)

※図中の加湿タンク及びサウナベンチ&チェアーはオプションです。
※撥水と防水は違います。縫製部のシーム処理も無いので、大雨や強い風などで浸水する可能性があります。ご了承ください。


撥水加工済のポリコットンには煙突を抜いた後のカバー付

大人3人は余裕です。断熱構造なので外気温が下がってもテント内は暖かい

東北の雪の中、マイナス10℃くらいで何回もキャンプ泊しました。
※外気導入型ですが、テント内での薪ストーブや石油ストーブなどの火気は厳禁です。冬場の装備に合った寝袋などを用いましょう。

製品情報・仕様

東北製サウナ用薪ストーブ:収納時31cm×34cm×48.5cm 重さ 16.5kg(ステンレス製煙突、及び、スパークアレスター付テントガード、インテークパイプ、脚、Rピン含)

サウナ用テント:キャリングバッグ収納時 25cm×25cm×130cm 展開時 180cm×180cm×230cm重さ 約12.5kg(撥水処理済みポリコットン製トップカバー付、煙突穴カバー付)

サウナ用ペール&ラドル :ペール部直径21cm、高さ27cm(うち、桶部17cm)
ラドル部:長さ35cm、幅11cm(最大部)、厚さ4cm(最大部)

サウナストーン:約18kg

専用グリル・オーブン調理キット:鉄板部28cm×32cm、820g。ピザピール機能付きハンドル部21cm×28cm、320g

※写真は開発中の物です。機能の追加によりサイズ、重さが変更になる場合があります。

※開発中の実測です。改善のため小変更がある場合があります。
※実際にアウトドアサウナを楽しむためには、上記の他に、一酸化炭素チェッカー、耐熱グローブ、火箸などの装備品が必要になります。

 

起案者紹介

開発者:けいぞう

元々は理学療法士、鍼灸師として企業やプロスポーツ選手にリハビリテーションやトレーニングを指導する仕事を国内外でしていました。身体を暖めたり、冷やしたり等の物理療法は、選手のケアをするにあたり、必ず使用する治療法になります。サウナは、物理療法の中でも、高温からの急激な冷却による、交代浴の一種で、身体への様々な反応を起こすためにも、温度差が重要になります。この温度差と大自然の中での心身の解放から得られる、無心・放心状態を是非、皆様に体験して貰いたくて開発に着手しました。

※「SaunaHax」、「キャンプdeサウナ」、「PizzaHax」、「BonHax」はZettaHax合同会社が商標登録出願中です。「SaunaHax」の構造はZettaHax合同会社が意匠出願中です。

 

よくある質問

Q.アウトドアサウナ初心者です。他に必要な物は?

A.薪ストーブは高温になるので、耐熱グローブは必須です。出来れば手首の上まで(前腕の半分位隠れるロングタイプが望ましい)。着火には「ゲルネン」のようなアルコール系が望ましいです。1~2個で確実に着火します(薪が乾いていたらの話ですが)。ライター。軍手(設置と冷えた後の片付け時に使用)。火箸。焚き付け用の針葉樹(杉とか)の薪5~10本、火が起きたら広葉樹の薪(冬場は外気温マイナス温度で5kgで30~40分くらい。夏場は5kgで1時間以上が目安)※あくまでも目安です。

Q.アウトドアサウナに最適な環境と中止した方が良い環境は?

A.一番の問題は「風」です。当社のサウナ用テントはペグダウン用のロープが8箇所も付いており、風には比較的強い物ですが、山間部や渓谷、湖畔の「風」は刻一刻と変化しますので、少しでも風が強くなりそうであれば、中止、中断を決断する必要があります。多少の雨や雪であれば楽しむ事が出来ますが、断熱性が高いので屋根に雪が積もりやすいため、雪が降っている際は、時々屋根に積もった雪を掻き落としてください。

Q.他のサウナ用テントで使えますか?または、他の薪ストーブで使えますか?

A.残念ながら当社開発のサウナ用薪ストーブは唯一の外気導入型構造なので、他のサウナ用テントには使用する事が出来ません。同様に、他の薪ストーブを使用するとテント内の空気を使用する為、メリットはあまり無いと思われます。

Q.メンテナンスは?

A.薪ストーブは火が消えて完全に冷えてから残りの炭や灰を掻き出します。その後、軽く水洗いをします。しつこい汚れには、台所用のスポンジで水を掛けながら軽くこすります。テントは、撤収時はなるべく泥汚れを洗い流し、現地で可能であれば乾かします。帰宅後、天気の良い日に風通しの良いところでテントを開いて完全に乾かします。濡れたまま収納すると、断熱の綿がカビる可能性があります。

Q.テントが溶けてしまいました

A.テントは耐熱構造ではないので、例えば、火を触った火箸の先などをテント生地に着けると溶けます。小さな穴であれば、テント用の補修テープなどで内側と表側から補修が可能です。当社ではサウナ用テントは消耗品であると考えており、購入後1年経過した物で交換を希望する方は特別価格にて交換させて頂きます。また、トップカバーセットも別売りする予定ですので詳しくはお問い合わせください。

Q.耐熱ガラスが割れました

A.耐熱ガラスは熱には強いのですが、衝撃などには通常のガラスと同様に割れることがあります。割れた際は、有償にて修理が可能です。まずは連絡ください。なお、耐熱ガラスは保証の対象外とさせて頂いておりますので、通常の使用で割れた場合でも修理費がかかりますのでご注意ください。

スケジュール

2021年6月17日:クラウドファンディングスタート!

ゴール後、部品、材料発注準備

2021年7月27日:クラウドファンディング終了

以降、発注順で順次発送開始

超早割は9月上旬の発送を目指します。

早割は10月中旬の発送を目指します。

御支援価格(優先発送)は8月中旬の発送を目指します。

御支援価格は10月以降の発送を目指します。

※あくまでも目安、目標ですのでご了承のほどよろしくお願いいたします。

保証

サウナ用薪ストーブの保証は購入後1年間となります。ただし、使用によって生じる変色(焼け)や機能に支障の無い歪み、耐熱ガラスに関しては保証の対象外とさせて頂きます。修理は可能な場合がありますので、故障した場所の写真をお送り頂ければ修理費をお知らせ致します。製造上の瑕疵による交換はご相談ください。なお、使用した後の交換につきましては、場合によっては同程度使用した物との交換になる場合があります。また、交換、修理に伴う送料はご負担頂けますようご了承ください。

テントの保証は購入後3ヶ月となります。ただし、使用によって生じる変色、シミ、焼け、溶け、カビ等については保証の対象外とさせて頂きます。また、テントは当社では消耗品と考えておりますので、大きな損傷は修理より特別価格での交換をお勧めしております。

免責事項

薪ストーブはかなり高温になります。また、サウナ時はほとんど裸の状態ですから、薪ストーブ、及び煙突に一瞬でも触れると火傷します。ご使用に於ける火傷などの外傷、サウナ時の体調不良等、一酸化炭素中毒など当社は一切、責を負えませんのでご了承ください。また、薪ストーブを焚くことによる、周辺への延焼、山火事など付随する如何なる責も負えません。ご自身の判断でご使用ください。

リスク&チャレンジ

既に当社は「バックパックに入るモバイルピザ釜PizzaHax」や、「欲ばりすぎる焚き火台BonHax」などをクラウドファンディングで成功させ、予定通り発送を終えた実績があります。サウナテント以外は国内で製造しますし、特殊な部品は使用しておりませんのでリスクは少ないと考えております。サウナテントについてはベースとなる部分は中国の企業から輸入しますが、既に当社で取引のある実績有る企業ですので、クラウドファンディングのゴール後、様子を見ながら早めに発注を掛けますが、天変地異やパンデミックによる輸送機関の遅延のリスクは有りますのでご了承ください。
また、進捗状況は定期的にお知らせ致しますので、温かく見守って頂ければ幸いです。

本プロジェクトはお申し込み、プロジェクトゴール後に契約が成立致します。その為、お客様都合による返品・キャンセル・返金は出来ませんので、何卒ご留意の程よろしくお願い致します。