PFUは、家庭向けドキュメントスキャナー「ScanSnap」シリーズの新モデル「iX1300」を10月8日に発売します。

ScanSnap iX1300」は、毎分30枚(A4カラー/300dpi)の高速読み取りが可能な「Uターンスキャン」と、一般的な紙からA3までの大きな書類、厚手の原稿等の読み取りも可能な「リターンスキャン」2つの読み取り方式に対応したスキャナーです。両面に印刷された書類のスキャンにも対応しています。

PFU ScanSnap iX1300(Amazon)

設置面積はA4サイズ大とコンパクトで、在宅ワークや家庭で発生する書類を電子化できます。免許証や保険証のようなプラスチックカード、通帳のような冊子、子供の学校プリント、商品パッケージのような厚紙も読み取れます。

電子化した書類はパソコンの他、スマートフォンやクラウドにも直接保存可能。家族やチームへの共有も可能です。検索可能なデータにすることで、書類を探す時間も短縮できます。

WindowsやmacOSだけでなく、iOSやAndroidのスマートフォンや、教育現場で普及が進むChrome OSでもスキャンが可能。Wi-Fi 2.4/5GHz帯にも対応し、様々なデバイスで利用できます。

ScanSnap Cloudを使えば、PCやタブレット、スマートフォンを使わずに、様々なクラウドサービスにスキャンデータを直接保存できます。検索可能なPDF、自動ファイル名生成や向き補正、A3自動合成などの処理がされたイメージデータを任意のクラウドサービスへ直接保存できます。

本体価格はPFUダイレクトにおける直販価格が税込3万5200円です。

PFU ScanSnap iX1300(Amazon)

Source:PFU