手書き文字を自動変換!iPadOS 14の新機能「スクリブル」が超便利:iPad Tips【iPadOS 14パプリックベータ】

サクサク入力できて操作も楽しい

友納一樹(TEKIKAKU)
友納一樹(TEKIKAKU)
2020年07月19日, 午前 07:10 in iPadOS
0シェア
FacebookTwitter
ipad tips

今秋リリース予定のiPadOS 14。なかでも注目すべきは、Apple Pencilの新機能「スクリブル」です。Safariの検索欄やメールの新規作成画面で、手書きで文字を入力できるようになります。ペンを持ったまま検索やメッセージ送信を行えるため、これまで以上にシームレスな操作が期待できます。

今回はパブリックベータ版をインストールしてその方法を解説します。なお、あくまでテスト版のため、正式版として公開されるものとは仕様が異なる可能性がある点にご留意ください。※本記事ではiPad Air(第3世代)とサードパーティー製のタッチペンを使用しています。

Gallery: 手書き文字を自動変換!iOS 14の新機能「スクリブル」が超便利:iPad Tips【iOS 14パプリックベータ】 | of 7 Photos

  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan

テキストに自動変換される

まずはSafariを例に解説します。URL入力欄をタップして検索ワードをペンで書くと、自動でテキストに変換され検索が行えます。文字は少し崩したり流れで書いたりしても問題なし。入力欄からはみ出してもOKです。

▲書いた文字を認識してテキストに変換

また、サイト内に設置されている検索欄や、マップ、メール、メッセージなどのアプリも対応します。文章を入力したいときは続けて書きましょう。単語ごとに切れ目を認識してスペースを空けてくれます。

iPad Tips
▲サイト内検索も手書きでできる。なぜか文字のスタイルが変わったうえ、「TpadOS」になってしまった
iPad Tips
▲「Brooklyn」と手書きで検索
iPad Tips
▲長い文章も正しく認識。画面下のバーで改行や写真の挿入などが行える

消去も範囲選択もかんたん

直感的な操作で文字を消せるのも「スクリブル」のスゴイところ。書き損じたときは、文字に線を引くと消去できます。打ち消し線のように正確に引く必要はありません。手書きのメモと同じで文字をシャシャッとやりましょう。

iPad Tips
▲消したい範囲に線を引くと消去できる

範囲選択は円で囲むだけ。コピーや太字、斜体などの操作ができます。選択した状態で文字を書くと、その部分を丸ごと書き直せます。

iPad Tips
▲円で囲むだけで範囲選択できる

ただし残念なことに、現時点では英語と中国語(簡体字/繁体字)にしか対応していません。日本語対応を待ちましょう。

※パブリックベータ版iOS 14 / iPadOS 14の画面は、取材に基づく特別な許可を得たうえで掲載しています。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iPadOS, ipados 14, tips, iPad Tips, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents