"キャリアアグリゲーション" の検索結果

  • 「安い5Gスマホを増やしていく」ドコモ吉澤社長インタビュー(石野純也)

    ドコモは、ミドルレンジの5Gスマホを拡充していく方針です。同社の代表取締役社長、吉澤和弘氏(以下、吉澤氏)がインタビュ で明かしました。端末は複数になり、ラインナップとして展開していくようです。5G対応のiPhoneが登場することも織り込んでおり、年度末には250万契約を目標に掲げています。 エリア展開については当初、新型コロナウイルス感染症の拡大で遅れる見通しを示していましたが、2021年6月の1万局達成は実現できるペ スを取り戻したとのこと。既存周波数の転用については他社より消極的ですが、「キャリアアグリゲ ションをした...
  • BlackBerry最後の端末「BlackBerry KEY2」

    BlackBerry KEY2の正規代理店である株式会社FOX(本社:東京都千代田区、代表取締役:五十畑 理央)は、BlackBerry最後の端末となる現行機種「BlackBerry KEY2」の日本オリジナルモデルとして、「BlackBerry KEY2 Last Edition」を299台限定で、6月30日より販売を開始します。2020年2月に発表された、BlackBerry社とTCLコミュニケ ションのライセンス契約終了に伴うBlackBerry端末の製造、販売の終了。その記念モデルとなる「BlackBerry KEY2...
    株式会社FOX株式会社FOX2020/6/30
  • 月2980円で10GB。KDDIの『楽天モバイル潰し』でMVNOが窮地に(石川温)

    KDDIの楽天モバイル潰しが始まった。 KDDI傘下のUQコミュニケ ションズが手がける格安スマホ事業であるUQモバイルが、第4のキャリアとして参入した楽天モバイルを意識した料金プランを投入してきた。 6月より「スマホプランR」という料金プランを新設。月額2980円で10GB使え、デ タ容量を超過しても1Mbpsで使えるようにしてきた。 この月額2980円は、楽天モバイルの料金プランである「UN-LIMIT」を意識した値付けだ。楽天モバイル...
    石川温石川温2020/6/9
  • 5Gキャリアアグリゲーション対応スマホは20年後半に登場

    米半導体大手クアルコムと富士通は、5G(NSA)の3.5GHz帯(n78)と4.9GHz帯(n79)を使用した不連続キャリアアグリゲ ションによるデ タ通信に成功したと発表しました。 「キャリアアグリゲ ション」とは、複数の周波数帯の帯域幅を束ねることで、通信を高速化する技術です。4Gでは通信の高速化手段として広く用いられており、4Gでは最大20MHz幅を5つ束ねる5CC CAも実用化されています。 実験では、日本のSub6周波数帯である3.5GHz帯と4.9GHz帯(それぞれ100MHz幅)を束ねました...
  • 新型コロナで検討、テレワークに最適なモバイル回線はどれか(石野純也)

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ついに政府が緊急事態宣言を発動しました。対象となるのは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県の7都府県です。 これまでも、東京都などでは不要不急の外出自粛が要請されており、各企業のテレワ クが徐 に進んでいましたが、緊急事態宣言以降はその動きがさらに加速するでしょう。自宅で作業というと、フリ ランスの我 には慣れた話ではありますが、そうでない人も多いはずです。
  • ドコモ5Gをさっそく使ってわかった5Gの現実とこれから:山根博士のスマホよもやま話

    3月25日からドコモが5Gサ ビスを開始しました。筆者もGalaxy S20 5Gを契約してさっそく使い始めています。5Gの高速・低遅延・同時多接続は4G時代にはえられないもので、快適なネット生活をスタ トと言いたいところですが、5Gが展開されるのは特定のエリアではなく「スポット」。つまり「面」ではなく「点」なのです。そのため5Gの電波を探すのも一苦労になります。 関東圏では3/28-29の週末の外出自制要請もありましたし、ここ数日は5G契約をしても外出して電波チェック、と気軽にできる状況ではありません。また現...
  • 2016年3月17日、下り最大261MbpsのLTEモバイルルーター「Pocket WiFi 504HW」が発売されました:今日は何の日?

    FDD-LTE(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)とAXGP(2.5GHz)の2つのデ タ通信方式に対応し、下り最大261Mbpsの高速通信を実現したのが「Pocket WiFi 504HW」。 このモバイルル タ が発売されたのが、2016年の今日です。前モデルでは、CA(キャリアアグリゲ ション)により2つの周波数帯を束ねて高速化していましたが、このモデルではAXGPがCAだけでなく4×4 MIMOに対応。4×4 MIMOは送受信に4つのアンテナを使い、同じ周波数帯で複数の通信を同時に行うと...
  • 2019年3月8日、最大1288Mbpsの超高速LTEモバイルルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」が発売されました:今日は何の日?

    複数の周波数帯を同時に使用するCA(キャリアアグリゲーション)により、最大1288Mbpsという超高速なLTE通信を実現したのが「Wi-Fi STATION HW-01L」。
  • 2015年3月5日、WiMAX 2+対応で4×4 MIMOのモバイルルーター「UQ Speed Wi-Fi NEXT WX01」が発売されました:今日は何の日?

    下り最大220MbpsというWiMAX 2+サービスに対応したモバイルルーターのうち、世界初の4×4 MIMO対応として登場したのが、「UQ Speed Wi-Fi NEXT WX01」。
  • 5Gモデム3世代目「Snapdragon X60」発表。ミリ波×サブ6 CAや5G音声通話をサポート

    クアルコムは5Gモバイル通信向けの新型モデムチップ「Snapdragon X60」を発表しました。スマ トフォンなどに組み込まれる5Gモデムとしては3世代目で、世界初の5nm設計を採用。より幅広い製品で使えるように機能が向上しています。 通信速度は下り最大7.5Gbps(前世代は最大7Gbps)、上り最大3Gbpsへと高速化。"5Gだけのネットワ ク"(5G スタンドアロン/5G SA)では、サブ6周波数帯の...