"3d touch" の検索結果

  • Petoi Bittle|自由にプログラミング!手のひらサイズの犬型ロボット

    自分で組み立て・カスタマイズ。犬型ロボットPetoi Bittle Petoi Bittle(ペトイ・ビトル)は本物の動物のような躍動感を見せる、小さいながらも強力なロボット。 手のひらサイズで、車輪ではなく4本の脚で動きます。このようなダイナミックな操作性は、ボストンダイナミクスのスポットやソニ のアイボなど、これまで最高のラボや大物企業の高級ロボットでしか見られませんでした。しかし今回、チ ムはシステムを簡素化して手頃な価格での大量生産を実現。手のひらサイズのロボットに機敏な操作性を持たせるために、あらゆる部品を...
    Onemore IncOnemore Inc2021/3/4
  • iPhone 13(仮)、光学式の画面内指紋センサー搭載のうわさ(WSJ報道)

    アップルが2021年のフラッグシップiPhone 13(仮)向けに画面内Touch ID(指紋認証)開発に取り組んでおり、顔認証のFace IDとともに搭載を検討しているとの噂が報じられています...いるため、簡単に(偽造して)システムを欺くことが可能だとコメント。それに対して超音波指紋センサ は新しい技術で、指紋を3Dマッピングしているため騙されにくく安全なソリュ ションであり、指先が濡れているときにも音波を使うために動作しやすいとし...
    Kiyoshi TaneKiyoshi Tane2021/1/30
  • 次期MacBook ProはSDカードスロット復活?からiPhone 13(仮)はノッチ縮小?まで。最新アップル噂まとめ

    ついに日本でもApple WatchのECGアプリ提供が発表され、対応したiOS 14.4とwatchOS 7.3の正式リリ スが待たれている1月の第4週。今後サブスクリプション制フィットネスサ ビス「Fitness+」が国内向けに提供されるのかも興味深いところです。 次期MacBook ProはSDカ ドスロット復活?からiPhone 13(仮)はノッチ縮小?まで、最新アップルの噂をまとめてお届けします。 今年のフラッグシップiPhone 13(仮)はiPhone 12シリ ズと同じく画面サイズが4種類(サイズも同じ...
    Kiyoshi TaneKiyoshi Tane2021/1/24
  • iPhone 13(仮)系は手ブレに強い? 全機種でセンサーシフト式補正搭載の噂

    2021年版iPhoneとなるiPhone 13(仮)シリ ズは、カメラも大きな強化点となりそうです。全モデルに、iPhone 12 Pro Maxと同種のセンサ シフト式手ぶれ補正装置が搭載されるとの噂が伝えられています。 台湾のサプライチェ ン情報に詳しい業界情報誌DigiTimesによると「2021年後半に発売予定の次世代iPhoneには、センサ シフト安定化技術をすべての機種で搭載する」とのこと。 韓国の電子業界メディアETNewsも今週初めに同様の噂話を報道しており、引き続きLG Innotekが必要部品を...
    Kiyoshi TaneKiyoshi Tane2021/1/21
  • Appleが2020年に発売した製品からエンガジェットで最も読まれたのは?

    2020年は新型コロナウイルスの影響で世界的にあらゆる物事が従来通りには運びませんでした。Apple関連のリリ スも然りで、発表会や開発者会議もオンラインとなりましたが、製品の数自体は例年になく多く、頻繁にワクワクさせてくれました。ここでは2020年、Engadget 日本版に掲載したAppleの新製品に関する記事から、とくに閲覧数がよかった10製品をランキング+私ACCNが個人的に買ったかというど でも情報を添えてご紹介させていただきます。累計ですので2020年前半に公開した記事のほうが集計期間が長くなるのを考慮したうえ、ご覧...
    矢崎飛鳥矢崎飛鳥2020/12/30
  • M1 Mac向けにArm版Windows提供?からアップルカー(仮)、2024年に生産開始?まで。最新アップル噂まとめ

    アップルカ (仮)の噂話が自動車業界を駆けめぐり、テスラ株も一時急落した12月末。Appleシリコンが投入された自動運転車が登場するのか、それとも他社の車向けサ ビス提供に留まるのか興味深いところです。 M1 Mac向けにArm版Windows提供?からアップルカ (仮)、2024年に生産開始?まで、2020年最後のアップル噂をまとめてお届けします。 すでにAndroid陣営では折りたたみデバイスは2~3世代目に入りつつあるなか、アップルが「2022年に足を踏み入れる可能性が高い」との噂話です。 台湾のサプライチェ ン情報に...
    Kiyoshi TaneKiyoshi Tane2020/12/27
  • iPhone SE Plus(仮)が2021年初発売の可能性は低い? iPhone 13(仮)はWi-Fi 6E対応とのアナリスト予測

    ...聞き取り調査に基づいているとのこと。Barclaysは過去にも第2世代iPhone SEが発売される時期のほか、iPhone 12シリ ズでは電源アダプタが同梱されないことやiPhone 11シリ ズで3D Touch(画面押し込み)が廃止されることを正確に予測した実績があります。 アップルのインサイダ 情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏は、iPhone SE Plusの画面サイズが5.5インチないし6.1...
    Kiyoshi TaneKiyoshi Tane2020/12/21
  • iPhone 12を凌駕するiPad Air 4thのA14 Bionic。実アプリでも好結果で価格以上の実力(本田雅一):2020ガジェットレビュー

    そろそろ2020年も終盤戦。今年もたくさんのガジェットが発表され、弊誌にてレビュ 記事が掲載されました。そんな記事のなかでも、著者や編集部がイチオシと考える製品をピックアップしてもう一度お届け致します。 これは2020年10月21日に掲載された記事の再掲載です。記事中に登場する価格や機能、画像などは当時のもので、現在は異なる可能性があります。 先月発表されながらも出荷されていなかった第4世代iPad Air(以下iPad Air)がいよいよ市場に投入される。今回のiPad Airは、iPad Proに極めて近い体験が得られる...
    EngadgetJP StaffEngadgetJP Staff2020/12/11
  • アップル、MacBook ProのTouch Barに感圧タッチ追加の特許出願。誤タッチ防止のため?

    ...メカニカルなボタンがなくても通常のトラックパッドのような操作感を実現するもの。初代Apple Watchでも導入され、画面を押し込む強さを識別して異なるレスポンスを返していました。同じ年にiPhone 6sでも「3D Touch」として導入されましたが、最近のiPhoneやApple Watchでは廃止されています。 しかしアップルの特許情報に詳しいPatently Appleは、米特許商標庁(USPTO)が公開した同社の特許申請...
    Kiyoshi TaneKiyoshi Tane2020/11/27
  • New MacBook Air with Apple Silicon 'M1' unveiled: Improved performance in a fanless design

    At the One More Thing event on November 10, Apple announced the long-awaited Apple Silicon powered MacBook Air. Apple's first proprietary processor for the Mac is called the M1. The new MacBook Air, which uses the M1, has dramatically higher performance than its predecessor, with up to 3.5 times the CPU, up to 5 times the GPU, up to 9 times the ML (machine learning), and up to 2 times the SSD performance.