AP Photo/ Dennis M. Rivera Pichardo
AP Photo/ Dennis M. Rivera Pichardo

米証券取引委員会(SEC)は、イーロン・マスク率いるEVメーカー、テスラが数年間にわたって太陽光発電パネルの欠陥による火災の危険性があることを、消費者や株主に開示していなかったとの内部告発を受け、調査を開始しました。

SECが調査に入るとの報道が出た月曜日、テスラの株価は6.4%の下落を記録。11月4日に付けた、ここ最近の最高値からは20%以上も値を下げました。

Reutersは、今回の告発は元テスラ太陽電池部門の品質管理担当者スティーブン・ヘンクス氏が米国の情報公開法(Freedom of Information Act:FOIA)に基づいての要請に応じて行われたと伝えています。ヘンクス氏は2018年に太陽光パネルや電線のコネクタ部品に火災を起こす可能性があることを社内で問題提起しました。ところがテスラはこれを無視したため、ヘンクス氏は2019年にSECに内部告発を行いました。その結果、テスラは報復として2020年にヘンクス氏を解雇したと訴えられています。

テスラの太陽光パネルには安全性の懸念があるとの報告は以前からアリ、2019年にはそれを原因とする7件の店舗火災が報告されています。顧客のひとつだったWalmartはテスラを相手取って訴訟を起こし、裁判ではテスラが明らかな欠陥があるパネルを使用していたと述べ、さらに「基本的に太陽光発電の知識やスキルに欠けた作業員を点検に派遣していた」と主張していました(後に和解)。Business Insiderは2018年以降、テスラが「Project Titan」と称して問題のあるコネクターをこっそり交換するプログラムを展開していたと報じていました

さらに別件では、米Amazonのカリフォルニアの倉庫でも、テスラの太陽光パネルから出火したことが報告されていました

記事執筆時点では、テスラは告発の報道について(広報部門が解散されているためか)コメントしておらず、イーロン・マスクCEOもこの件に関する発言はしていません。

ヘンクス氏は今年3月にも、米消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission:CPSC)に対してテスラの太陽光パネルの問題について申し立てを行っています。

Source:Reuters

Coverage:CNBC