Engadget

Secretlab(シークレットラボ)から「Secretlab TITAN Evo 2022 ポケモン #006 Edition」「Secretlab TITAN Evo 2022 ポケモン #025 Edition」が発表されました。価格は6万5900円で各モデルSサイズ、Rサイズを展開しています。

Secretlab TITAN Evo 2022 ポケモン #006 Edition (サイズ S) Secretlab TITAN Evo 2022 ポケモン #006 Edition (サイズ R) Secretlab TITAN Evo 2022 ポケモン #025 Edition (サイズ S) Secretlab TITAN Evo 2022 ポケモン #025 Edition (サイズ R)

ピカチュウとリザードンをフィーチャーしたSecretlabのポケモンコレクションということで、ポケモンだいすきな僕は実物に座りたいのでサンプルをお借りしました。

Engadget
箱ドーン、でっかい
Engadget
開けるとかっけぇ、でっかいピカチュウが

説明書には作業工程がきちんと記されており、つまずくことなくスムーズに組み立てることができました。私の場合、所要時間は40分ほど。

Engadget
ピカ、ピカチュウ!一番ピカチュウな椅子ですね(語彙力)

まず驚いたのがピカチュウの丁寧な描かれ方、背面・バックレストの大きなピカチュウはもちろん、遠目からはわかりませんがチェアのサイドに刺繍ピカチュウが沢山います。

Engadget
Engadget
Engadget
Engadget
Engadget
ピカチュウのポケモン図鑑番号「#025」が記されています
Engadget
こちらはモンスターボール

ここからはチェアとしての「Secretlab TITAN Evo 2022 ポケモン #025 Edition」のインプレッションです。まずこのチェアをリリースしたSecretlabのチェアは人間工学をもとにした設計と荷重・耐久性・素材のテストを徹底することで実現した耐久性が特徴です。Secretlabはグローバルで製品を展開しており、これまでマインクラフトやDCコミックなどとのキャラクターをイメージしたチェアを販売してきました。

数ヶ月利用して気に入ったのはチェアに張られた「Secretlab NEO ハイブリッドレザーレット」の質感の良さと、ヘッドピロー。心地よさ。この2つのおかげでお仕事に励めてます。

「Secretlab NEO ハイブリッドレザーレット」は程よい光沢感がありつつ硬さがしっかりしており、車の車内に張られたシート革のような高級感と安心感があります。耐久性に関しては通常のPUレザーの12倍の耐久性を備えているそうです。

Engadget
この赤枠の部分がシートベースというらしいです

また、シートベースのスペースが横にゆとりがあり、あぐらを組んでも平気。ほとんどのPC作業中はあぐらです。

Engadget
4方向ランバーサポート機構を備えています。「Secretlab TITAN Evo 2022」では腰椎のカーブに合わせた最大57%の背中のカバーが可能とのこと

そして、大好きなヘッドピロー。ディスプレイと顔との間に距離をつくるためにもしっかり背もたれに身体をあずける必要があります。それには頭部が当たるヘッドピローは重要です。このヘッドピローは低反発枕のような頭部を包み込む質感に加えて、熱が籠もりにくい程よいひんやり感も備えています。作業しながら寝てしまうほど快適(ん?)。

Engadget

ヘッドピローとチェアはマグネットでくっつきます。位置もある程度の範囲で調整可能。バンドレスで、位置の変更も容易なのでマグネット式は快適です。

Engadget
「Secretlab TITAN Evo 2022 ポケモン #006 Edition」のデザインはこんな感じ

ポケモンが好き!という理由で購入しても十分椅子としての性能が高いので安心して見た目で衝動買いしてもいいでしょう。

Secretlab TITAN Evo 2022 ポケモン #006 Edition (サイズ S) Secretlab TITAN Evo 2022 ポケモン #006 Edition (サイズ R) Secretlab TITAN Evo 2022 ポケモン #025 Edition (サイズ S) Secretlab TITAN Evo 2022 ポケモン #025 Edition (サイズ R)

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon