ぷよぷよ題材のプログラミング学習教材、26日から無償提供

Webシステム開発などを行うアシアルが協力

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年06月25日, 午後 07:32 in programming
0シェア
FacebookTwitter

大手ゲームメーカーのセガと、Webシステム開発などを行うアシアルは6月26日から、アクションパズルゲーム「ぷよぷよ」を題材にしたプログラミング学習教材「ぷよぷよプログラミング」の無償提供を開始します。

ぷよぷよプログラミングは、HTML5やJavaScriptといったWeb標準言語でスマートフォンアプリを作りながらプログラミングを学べる「Monaca Education」を活用。「ぷよぷよ」のプレイ画面を確認しながら、HTML5やJavaScriptで記述されたソースコードを書き写す作業(写経)が行えます。

初級コース・中級・上級といった3段階の難易度を用意しており、プログラミング初心者はもちろん、2020年4月から小学校、中学校、高校で必須化されたプログラミング教育に役立ててほしいとしています。

この取り組みで、セガはコンテンツの企画制作と教育現場への支援を担い、アシアルは「Monaca Education」への実装を含めサービスの運用などを担当します。セガが開催するeスポーツ大会での訴求も行う予定だといいます。


source:セガ


 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: programming, compile, puyopuyo, education, SEGA, game, games, news, gear, gaming
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents