SEKIRO

フロム・ソフトウェアが、忍殺アクションゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(隻狼)の機能追加アップデートを配信しました。

ボスと再戦できる「類稀な強者との再戦」、一定時間の動きを記録して他プレーヤーと共有できる「残影」、主人公のスキンを変更する「姿替え」など、新たな機能が加わります。

ボスモードの「類稀な強者との再戦」では、一定条件で決まったボスの組み合わせとの連戦にも挑戦可能。こちらでは本編にはいなかった新規ボス、攻撃スタイルの異なるボスも登場します。

タイトル更新後のバージョンは 1.05。PC / PS4 / Xbox One全プラットフォームで共通です。

SEKIRO

「残影」は一定時間、自分の動きを記録して他プレーヤーと共有できる機能。

他のプレーヤーが残した残影は地面の目印で表示され、近づいてタイトルやメッセージを確認できます。再生を選ぶと、いわゆるリプレイゴーストのように半透明の忍びが現れ動きを再生する仕組み。

SEKIRO

映像ではなく、敵と戦っていても自分の動きしか記録されないため、ボスの立ち回り指南のような使い方よりも難所での機動の参考にしたり、攻略中ならば分岐に気づくといった使い方になります。

SEKIRO

メッセージも残せるため、特に攻略的に意味がなくても謎の動きと一言も共有可能。SEKIROにEmoteがあったら今ごろ各地で踊り狂う狼の残影ばかりになっていたところです。

SEKIRO

「類稀な」はボスモード。鬼仏からアクセスでき、いつでも過去ボスと戦えます。死んでも消費アイテムを使い切っても通常モードには影響がないため、心置きなく戦い方を試せるのがうれしいところ。技や忍具はセットしたものになりますが、攻撃力はボスモード用固定値になります。

二周目以降は特定テーマで一連のボスと戦う「連戦」が解禁。すでにクリアしたプレーヤーにとって新たな挑戦になるコンテンツです。

SEKIRO

「姿変え」は主人公の衣装チェンジ。わずか三種しか用意されていないものの、解禁条件は1周でひとつ、残りは上記の「連戦」など非常に厳しく、選ばれた猛者にのみ許される「見せ」要素となっています。

新要素追加と同時に、アップデートを含み値下げした GAME OF THE YEARエディションも発売しています。ダウンロード販売ではGOTYエディションに切り替わるほか、PS4ではガイドブックつき特装版パッケージも29日より販売中です。価格は税別4800円。

NEWS - SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE | 隻狼