米共和党議員、大統領命令受けFCCにSNS保護の法律見直しを要請

FCC議長は「FCCの役割ではない」と言っていました

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年06月10日, 午後 02:10 in free speech
0シェア
FacebookTwitter
BRENDAN SMIALOWSKI/AFP via Getty Images

米国共和党の上院議員数名が連邦通信委員会(FCC)に対し、トランプ大統領が出したSNSへの保護を見直すための大統領命令をに従って通信品位法第230条の「再検討」し、インターネット企業に対する保護範囲を明確化するよう求めました。

この大統領命令は5月29日(日本時間)に署名され、通信品位法第230条の保護規定を明確化するためのルールを60日以内にまとめるようFCCに要請しています。

議員らは、FacebookやTwitterといったソーシャルプラットフォームが「政治的に動機づけられた言論の取り締まり」に従事しており、その結果、230条が想定する配信と出版の「境界線を曖昧にしている」と主張しています。

ただし、大統領命令がその意図したとおりの結果を導き出せるかどうかはまだわかりません。FCCのマイク・オライリー委員は「この命令の背後には複雑な問題がある」と指摘しています。またFCC議長のアジット・パイ氏は2018年にSNS企業を規制する役割がFCCにはないとの考えを示していました。FCCがその方針を変えていなければ、見直しそのものが却下される可能性もあります。

大統領命令はトランプ氏のツイートが"要事実確認"のラベル付けをされたことを発端として出されました。その後、トランプ氏はTwitterが定めている”暴力の賛美”ポリシーに違反するツイートを行ったことからそのツイートを非表示化されています。一部はこの大統領命令が明らかに報復的であると指摘しており、インターネット企業が後援するNPOは大統領命令の取り下げを求めて提訴しています

 なお、共和党は2019年にも通信品位法第230条を改正する法案を提出したことがありましたが、そのときは周辺からの支持が集まらずに廃案になっています。

source:Reuters

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: free speech, politics, senate, section 230, Communications Decency Act, Marco Rubio, Kelly Loeffler, kevin cramer, Josh Hawley, president trump, trump, Donald Trump, news, gear
0シェア
FacebookTwitter