Sennheiser CX Plus True Wireless

ゼンハイザーは2021年9月14日、ノイズキャンセリング(ANC)機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「CX Plus True Wireless」を発表しました。ブラックを28日、ホワイトを10月中旬に発売します。市場想定価格は2万1780円です。

CX Plus True Wireless(Amazon)

本製品はエントリークラスの「CX True Wireless」(1万7380円)では省かれていた、ハイレゾ相当コーデック(aptX Adaptive)への対応や、ノイズキャンセリング / 外音取り込みなどの機能を搭載。

とくにaptX Adaptiveは場所や時間による混雑具合や接続状況に合わせて転送データを自動調整することにより、省電力に加えて低遅延で音途切れしにくいとのことです。

また、本製品に搭載の7mm径トランスデューサー(ダイナミック型ドライバー)は最上位モデル「Momentum True Wireless 2」と同等のもの。高性能シングルダイナミックドライバーで奏でる高解像度のサウンドを全帯域で実現した、と同社は説明しています。

ほかにもゼンハイザー製品専用の「Smart Control (スマートコントロール)」アプリを使い、イコライザー調整、通話時の側音の調節、Bluetooth接続管理、タッチ操作時に動作する機能の割り当てなど、カスタマイズができるのも特徴のひとつです。

CX True Wireless の登場からたった2か月弱で新モデルが登場した形ですが、CX Plus True Wireless は高音質をうたうコーデック aptX Adaptive の対応、IPX4防滴仕様など、ハイエンド寄りのエントリー的な存在といえるでしょう。

3万円台の MOMENTUM True Wireless 2 は手が出しにくい……けどハイエンドに近いスペックを求めたい、という人におすすめできそうです。

Sennheiser CX Plus True Wireless
▲ケースとイヤホンを合わせた重量は約47g。ANCオフにした場合の駆動時間は約8時間。ケースと併用すれば連続24時間
Sennheiser CX Plus True Wireless
▲4基のビームフォーミングマイクを搭載。クリアな通話をうたう。イヤホンはIPX4の防滴仕様となっている
Sennheiser CX Plus True Wireless


CX Plus True Wireless(Amazon)

Source:ゼンハイザー

Via:Engadget US