「牛角」や「しゃぶしゃぶ温野菜」などのレストランチェーンを手がけるレインズインターナショナルは12月3日から、ソフトバンクロボティクスの配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」を、同社系列の一部店舗にて先行導入します。

導入されるチェーンは、牛角、牛角ビュッフェ、しゃぶしゃぶ温野菜、居酒家 土間土間、かまどか、とんかつ神楽坂さくらなどになります。

「Servi」は総積載量が最大35kgで、3段の棚にそれぞれ15kgまでの荷物を置けます。障害物検知と段差検知機能を備えており、人や物を避けて、料理などを安定的に運べるそうです。走行速度は時速2.16km、連続稼働時間は約12時間。

レインズは「Servi」を導入することで従業員の負担が軽減し、他の接客業務に充てる事ができるとしています。将来的には従業員の集まりづらい昼や夕方の早い時間帯に稼働し、営業効率の最大化を図り、200店舗の導入を検討します。

12月3日からの先行導入が実施されるのは、下記の店舗。期間は12月20日までとなります。

  • 牛角 白井店

  • 牛角ビュッフェ多摩境店

  • しゃぶしゃぶ温野菜 富里店

  • 土間土間 亀戸店

  • かまどか 秋葉原店

  • とんかつ神楽坂さくら 馬事公苑店

source:ソフトバンクロボティクス