回転寿司チェーン店の「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトは、ソフトバンクロボティクスの配膳ロボット「Servi」を川崎市の店舗に試験導入しました。人の代わりにロボットが配膳を行うことで、店員と客のやりとりを減らして、新型コロナウイルスの感染防止につなげる狙いです。

Serviは、本体上部のトレイに最大35kgの料理などを載せ、事前に指定した目的地まで走行できるロボットです。重量センサーで料理などが取られたことを検知すると自動で決められた場所に戻ります。また、3DカメラやLiDARなどのセンサーを使い、障害物や段差を避けるほか、最短60cmの幅を通り抜けできます。

カッパ・クリエイトは、Serviを活用することで業務の効率化を図るほか、顧客満足度がどのくらい向上するかを検証し、試験導入の結果をもとに導入店舗の拡大も検討していくとしています。

同様の取り組みは、カッパ・クリエイトのほかに、焼き肉チェーン店の「牛角」や居酒屋チェーン店の「しゃぶしゃぶ温野菜」を運営するレインズインターナショナルなどが行っていて、今後、飲食店で料理を席まで運ぶロボットを見る機会が増えそうです。


source:カッパ・クリエイト