SHARP MH-L1-B

高価、お店でのフィッティングが面倒──などといった補聴器のネガティブなイメージを取り払います。

シャープは2021年8月31日、完全ワイヤレスイヤホン感覚で使える補聴器「メディカルリスニングプラグ」(MH-L1-B)を発表、9月中旬以降に発売します。販路は同社直販サイト「COCORO STORE」、家電量販店、ECサイト、ドラッグストアなど。

特徴は大きく3つ。1つ目は管理医療機器の認証を取得し、一般的な補聴器(両耳)の平均購入価格30万円を下回る9万9800円(非課税)という低価格を実現した点。その理由として同社は、スマートフォンアプリを介したフィッティングや使用状況の確認など、すべてをリモートでサポートすることに加え、長期間の保証サービスなどをオプションにすることで、初期費用を抑え、低価格を実現した、と説明します。

SHARP MH-L1-B

一般的な補聴器はフィッティングのために販売店へ3~10回通う必要があると言われていますが、本機はアプリでプロによる遠隔サポートを受けられるのも特徴。本機のユーザーは使用開始後のビデオカウンセリングや聞こえ具合の微調整などのフィッティング、聞こえ具合のトレーニングなどを、販売店へ通わずに自宅で行えます。

SHARP MH-L1-B

SHARP MH-L1-B
SHARP MH-L1-B

2つ目は補聴器としての使用に加え、完全ワイヤレスイヤホンのような使い方が可能な点。会話を聞き取りやすくするリスニングモード、動画音声や音楽に適したストリーミングモードのほか、内蔵マイクを使ったハンズフリー通話が可能です。

SHARP MH-L1-B
SHARP MH-L1-B
小型軽量ながらPCのUSB Type-Aポートに接続して充電できる。また水しぶきや埃にも強いとのこと

3つ目は同社がユーザーに対し、アフターサービス「ケアプラン(オプション/有料)」を提供する点。具体的にはフィッティングサポートを商品購入後から60日間は無料で何度でも受けることが可能な「COCORO LISTENING」サービス、1年間のフィッティングサポート延長や、5年間の延長保証や盗難・紛失補償などを受けることができるケアプランが用意されます。

SHARP MH-L1-B
SHARP MH-L1-B
SHARP MH-L1-B

なお、補聴器分野では国内トップシェアを誇るリオンが先行しており、後発のシャープは安価な点、本機の利用をスマートフォンを介してプロがワンストップでサポートしてくれる点、そして完全ワイヤレスイヤホンのように使える点を売りにします。また、開発に際し、医療機器製造販売業者のニューロシューティカルズと協業。軽度・中等度難聴者に適した補聴器として、主に40〜60代でスマートフォンを使いこなせるようなユーザーに訴求していくとしています。

本体の仕様表

SHARP MH-L1-B

■ ケースの仕様表

SHARP MH-L1-B
MH-L1-B Accessories
MH-L1-B の付属品。イヤチップ(S / MS / M / L / LL)、USB Type-Cケーブルを同梱


メディカルリスニングプラグ


関連記事