シャープ、AQUOS zero2を台湾で発売

本日5月20日より

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年05月20日, 午後 04:30 in sharp
0シェア
FacebookTwitter

シャープは、毎秒240回書き換えの有機ELディスプレイを搭載したスマートフォン「AQUOS zero2」を台湾にて本日(5月20日)より発売します。

「AQUOS zero2」は、日本ではNTTドコモ・KDDI・ソフトバンクのほか、SIMフリー版も発売されています。

台湾での販売方法はオンライン限定で、想定価格は7万8500円前後です。

AQUOS zero2の詳細は発表時の記事をご覧ください。

これにあわせ、シャープは台湾のプロeスポーツチーム「AHQ」とスポンサー契約も締結。毎秒240書き換えでゲーミングにも向くAQUOS zero 2の魅力を訴求します。

Source: Sharp(Taiwan)

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: sharp, aquoszero2, mobile, smartphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents