戦国BASARA 伊達政宗Ver.「ヘルシオ ホットクック」発表、デザイン投票上位が製品化

伊達政宗がメニューをおすすめ

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年07月21日, 午後 04:50 in Health
0シェア
FacebookTwitter

Engadget Japan

シャープは7月21日、カプコンのアクションゲーム「戦国BASARA」とコラボした自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック カスタマイズサービス<戦国BASARA 伊達政宗Ver.>」を発表しました。

シャープのホームページにて、7月21日~8月4日まで6種類の伊達政宗のカスタムペイントデザインから商品化希望のデザイン投票を受け付け人気上位のデザインを商品化予定です。製品はオフィシャルショップ 「イーカプコン」と、シャープの「COCORO STORE」にて8月7日から受注を開始します。価格は税別8万円です。

「ヘルシオホットクック」は、文字通り「放っておく」だけで「クック(Cook)」してくれる家電。野菜や肉などを切り、レシピ通りの分量でヘルシオホットクックに入れ、調理ボタンを押すと調理が完成します。

戦国BASARA 伊達政宗Ver.はコンパクトタイプ(1~2人分)の「KN-HW10E」を元にしています。上蓋部に、「戦国BASARA」シリーズの人気キャラクター伊達政宗の専用デザインのペイントが施されるほか、伊達政宗の声(声優:中井和哉氏)で挨拶したりメニューをお薦めしたりするなど、専用のクラウド音声機能を追加予定です。

関連リンク:

デザイン投票受付(シャープ)

イーカプコン

COCORO STORE

関連記事:ITで家庭の料理を変革する「ヘルシオホットクック」

 
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Health, Iot, sharp, smartphone, cooking, food, app, news, gear
0シェア
FacebookTwitter