海外シャープは音声アシスタント「Alexa」を搭載した電子レンジ「SMC1139FS/SMC1449FS」を発表しました。

庫内容積が1.1立方フィート(約31リットル)のSMC1139FSと1.4立方フィート(約40リットル)のSMC1449FSでは、Alexaによる音声コマンドで調理が可能です。SMC1139FSでは音声コマンドが約30件/音声プリセットが約10件、SMC1449FSは音声コマンドが70件以上/音声プリセットが約50件利用できます。

さらに「クラシックポップコーンを温めて」としゃべると、ポップコーンブランドの「Orville Redenbacher」に最適化された温めが実施されます。もちろん本体のボタンでもさまざまなプリセット調理メニューや、30秒の追加温めといったことが可能です。

SMC1139FSの価格は150ドル(約1万6000円)、SMC1449FSの価格は170ドル(約1万8000円)で、すでに販売が開始されています。もちろん他社の電子レンジでも時間指定でポップコーンは温められますが、Alexaによる近未来な調理も体験してみたいものです。

Source: Sharp