シャープ「AQUOS zero5G basic」発表、zeroシリーズ初の5Gスマホ

仕様はミドルレンジ上位に

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年09月11日, 午前 10:02 in OLED
0シェア
FacebookTwitter

シャープが5G対応Androidスマートフォン「AQUOS zero5G basic」を発表しました。2020年秋以降に発売します。

「AQUOS zero5G basic」は、AQUOS zeroシリーズの特徴となる、シャープ自社開発の高精細有機ELディスプレイを搭載しながら、高速通信の5Gにも対応する点です。

ディスプレイサイズと解像度は、先代「AQUOS zero2」と同じ6.4インチの2340 x 1080。毎秒120Hzの表示に連動して黒画面を挿入することで、240Hzの表示変化を実現する4倍速ディスプレイにも対応し、動きの激しいゲーミングも残像を抑えてプレイできます。

なお、プロセッサは先代の「AQUOS zero2」がSnadpragon 800番台を採用していたのに対し、今回は700番台のSnapdragon 765番台を採用。RAMとストレージ容量は「8GB RAM / 128GBストレージ」「6GB RAM/64GBストレージ」となっています。

カメラについては背面側がトリプル仕様で構成は次の通り。標準カメラは新ハイブリットAF対応、望遠カメラはハイスピードAF(PDAF)対応となっていますが、いずれも電子式手ブレ補正機能に対応します。

  • 標準・・・約4800万画素(f/1.8レンズ、広角79度、焦点距離26mm相当)

  • 広角・・・約1310万画素(f/2.4レンズ、超広角125度、焦点距離15mm相当)

  • 望遠・・・約800万画素(f/2.4レンズ、望遠30度、焦点距離79mm相当)

インカメラは約1630万画素(f/2.0レンズ、広角73度、焦点距離29mm相当)です。

サイズは約161x75x9mmですが、重量は約141g(AQUOS zero2)から約182g(AQUOS zero5G basic)へと大幅に増加。その代わりに、内蔵バッテリーが3130mAhから4050mAhへと増量しています。

無線LAN規格は802.11a/b/g/n/acに対応し、Bluetoothのバージョンは5.1までをサポートします。また、FeliCa(おサイフケータイ)、NFC、IPX5・IPX8等級の防水、IP6X等級の防塵(じん)もサポートします。


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: OLED, 5G, aquos, Camera, sharp, smartphone, aquos zero, mobile, Display, Android, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents