Engadget

シャープは8月18日、新デザインの水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」3機種を発表しました。9月中旬に発売予定で、市場想定価格は2.4LのKN-HW24Gが7万7000円前後、1.6LのKN-HW16Gが6万6000円前後、1.0LのKN-HW10Gが5万円前後となっています。

ホットクックは、文字通り「放っておく」だけで「クック(Cook)」してくれる家電です。野菜や肉などを切り、レシピ通りの分量でホットクックに入れ、調理ボタンを押すと調理が完成します。また、無線LAN機能を搭載しておりレシピのダウンロードが可能です。今回発表された製品の主なアップデート点は下記の通りです。

■「まぜ技ユニット」が進化<KN-HW24G/HW16G>

Engadget

具材をかき混ぜる「まぜ技ユニット」の最大回転スピードを約2倍にアップしました。これにより、ケーキなどのお菓子作りに便利なホイップクリームやアイスクリームの調理が可能になりました。

また、これまで加熱時にのみ活用していたかきまぜ機能を、準備や仕上げなど加熱前後の手間のかかる作業までカバーします。

具体的には、ポテトサラダやコロッケの具などは食材をゆでてからつぶすまでの工程が自動になり、オープンオムレツは卵を溶きの段階から自動で調理できるようになりました。

■省スペース化を実現<KN-HW24G/HW16G>

Engadget

容量はそのままで本体幅をKN-HW24Gは約13%、KN-HW16Gは約9%削減したコンパクトな新デザインとなりました。また、1.6Lタイプ(2~4人用)はブラックカラーを新展開します。

Engadget

■「使いこなし応援」「クックリスト」を搭載

Engadget

「使いこなし応援」はホットクックの様々な機能を活用してもらうための機能で、ユーザーに合わせたおすすめのメニュー提案などを行うクラウドサービスです。

ステップアップメニューでは、ホットクックのヘビーユーザーが使いこなせるようになるまでの使い方を分析し、その結果をもとに400以上のクラウドメニューからユーザーごとの使用状況に応じたおすすめメニューを提案します。

Engadget

テーマごとにクラウドメニューを厳選してまとめた「クックリスト」では、季節の食材を使ったメニュー「厳選!旬食材」、ボルシチやトムヤムクンなど各国のメニュー「世界の煮物」、めん類などお昼にぴったりのメニュー「お手軽ランチ」など、興味のあるレシピを本体にまとめて登録できます。

Engadget

source:シャープ