Sharp
Sharp

シャープは12月1日、マスクを定期的に購入できる新サービス「マスク定期便サービス」の申し込みを開始しました。

新型コロナウイルス感染症の蔓延により、マスク不足が深刻化していた4月、シャープはクリーンルームのある自社工場でマスクを生産し、抽選販売の形でマスクの提供を行ってきました。すでに31回の抽選販売が行われていますが、その新規応募数は初回の470万人から徐々に減ってきており、第30回では普通サイズが1万824人、小さめサイズが7514人だったとのことです。

最近では、マスクも実店舗やネットで普通に購入できるようになりましたが、国産製品を求める声も多く、また都度購入する手間を省き、買い忘れを防止するためマスク定期便サービスを開始するとしています。

月額1650円で、1箱30枚入りのマスクが約30日周期で届けられるとのこと。1人であれば、毎日1枚利用できる計算です。なお、不在で受け取れないなどの心配をなくすため、パッケージはポストに入るサイズになっています。

Sharp
Sharp

ふつうサイズと小さめサイズの2種類あり、1人につき各コース10箱まで申し込みが可能。解約もいつでもできますが、発送手続き済みの商品は解約できません。

なお、50枚入りの抽選販売も継続されますが、12月2日の第32回抽選分より、購入は1人2箱まで。2箱購入時は1箱あたり2750円(計5500円)となります。1箱購入時はこれまで通り3278円です。

source: シャープ