シャープとOPPOは10月8日、両者間で生じている特許訴訟を取り下げると発表しました。

両社の通信技術の特許を含み、かつそれぞれの端末製品の販売をカバーする、グローバルな特許クロスライセンス契約の締結に至ったのが理由と説明しています。

両社間の特許紛争は、2020年より世界各地で展開していましたが、今回クロスライセンス契約に両者が署名し、各地での訴訟取り下げに合意しました。

シャープ 常務執行役員 研究開発事業本部長の種谷元隆は、「OPPOと今回の契約締結に至ったことは、両社の知的財産権の価値を尊重した結果であります。シャープは多数のリーディングカンパニーに通信規格必須特許のライセンス供与を行っており、今回の契約は、シャープの特許ポートフォリオの価値を改めて証明するものとして、歓迎しています」とコメント。

また、OPPOの知的財産部シニア・ディレクターであるAdler Feng氏は、「OPPOは、イノベーションの価値を深く信じ、知的財産を非常に尊重しています。両社が世界各地で展開していた特許紛争を友好的に解決した結果に満足しています。今回のクロスライセンス契約は、OPPOの知的財産の強さを改めて示すものです」とコメントしています。

Source:シャープ